戻る


手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

 国内金融機関91行の昨年の平均給与は609万円(2018年3月期決算=東京商工リサーチ調べ)と前年比5万9000円の減少。2年連続前年を下回り、金融機関の経営の厳しさが浮き彫りになっている。

 平均給与の上位を見ると、トップの三井住友銀810万5000円(前年比4万3000円減)、2位は不正融資問題で経営陣が辞任(9月7日)したスルガ銀800万8000円(同9万8000円減)、3位東京スター銀796万4000円(同15万8000円減)。6位三菱UFJ銀773万3000円(同5000円減)、8位みずほ銀は738万円(同6万5000円減)と軒並み年収減だ。

 上位20行で前年を上回ったのは、4位あおぞら銀(同3000円増)、5位新生銀(同3万1000円増)、13位滋賀銀(同1万2000円増)、20位八十二銀(3万7000円増)の4行にとどまっている。

 銀行の収益悪化の最大要因は16年2月に日銀が導入したマイナス金利による低金利政策だ。東京商工リサーチ情報本部の坂田芳博課長が言う。

「日銀のマイナス金利で収益を確保する融資先がなくなったこと。さらに働き方改革で残業など時間外手当の削減が大きく影響しています」

 これまで30代前半の行員で年収1000万円を超える高給で優秀な人材を集めてきた銀行は、今後どうなるのか。元メガバンクグループで経営幹部を務めてきた経済評論家の斎藤満氏がこう指摘する。

「銀行は仕事はつまらないが、給与が高いことがセールスポイントで人材を確保してきました。しかし給与に魅力がなくなり、仕事も面白くなければ銀行は敬遠される。実際、ここ数年、学生の就活の人気企業で、メガバンクはベスト10にも入っていませんからね」

 さらに銀行の収益悪化の原因をこう分析する。

「市場のレートが安いので、銀行から資金を借りる必要がない。スルガ銀行のように不正な不動産融資で金利を稼ぐか、信用がなく市場から融資を受けられない企業に高い金利で融資をするとか、金利は安いが安定したアパート、住宅ローンで貸すしか生きる道はない。銀行が利益を上げられる体質ではなくなってきているんです」

 そして銀行が生き残る選択肢をこう指摘する。

「AI化、フィンテックが進めば社員のリストラが前提です。そして、ATMの2割削減、通帳の発行手数料、口座管理手数料といったコストカットで業務純益を確保するまで追い込まれてきているんです」

 金融機関の給与が上がる期待は、もはや持てそうにない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網