戻る


【MLB】「人間ではない」161キロ高速シンカーが話題 カ軍ヒックスの魔球にファン歓喜

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

写真拡大

外角へ大きく変化する161キロのシンカーを投じたカージナルスのヒックス

 カージナルスのジョーダン・ヒックス投手が18日(日本時間19日)の敵地ブレーブス戦で100マイル(約161キロ)の超高速シンカーを披露した。信じられない変化を見せた1球にファンも驚愕の声を挙げている。

 1点リードの7回に登板したヒックス。先頭のアビーレスに投じた3球目は外角へ大きく沈むシンカー。アビーレスのバットは空を切ったが、なんとスピード表示は100マイル(約161キロ)を計測した。

 今季メジャーデビューのヒックスはメジャー最速の105.1マイル(約169.1キロ)をマークしている。MLB公式ツイッターは直球とほぼスピードが変わらない高速シンカーを動画で公開。ファンからは驚きの声が挙がっている。

「間違いなくどうかしている」

「オーマイゴッド」

「これはフェアーじゃない」

「誰があの球を打てるっていうんだ?」

「打つことは、文字通り“不可能”だ」

「これはシンカーだよ」

「捕手はあれをどうやって捕ったんだ?」

「あれを取ったヤディ(モリーナの愛称)を称賛だ」

「モリーナはどうやってあれを捕ったんだ?」

「チェンジアップのような動きをする100マイルの球。なんてこった」

「彼は人間ではない」

 高速シンカーを何食わぬ顔で捕球したメジャー屈指の捕手・モリーナを称賛する声も挙がるほど。この日24ホールド目をマークした“最強右腕”は今後どのような成績を残していくのか大注目だ。(Full-Count編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網