戻る


マンUで“輝けない”ポグバは「C・ロナウドに学ぶべき」 元イングランド代表OBが提言

(左から) ポグバ、ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

黄金期を知るファーディナンド氏がポグバに助言 「この惑星で最高のMFとなるために…」

 かつてマンチェスター・ユナイテッドのディフェンスリーダーとして活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏は、古巣に所属するフランス代表MFポール・ポグバについて言及。

 自身の持つ才能とエゴのバランスを上手く取る方法は、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドから学ぶことができると語った。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 昨季からジョゼ・モウリーニョ監督との不仲がメディアで囁かれるなど、ユナイテッドでなかなか結果を残すことができていないポグバ。今季もここまでは、フランス代表の一員として優勝したロシア・ワールドカップ(W杯)で見せたようなインパクトを残すことができておらず、サポーターの信頼を勝ち取ることができていない。

「ESPN」のインタビューに答えたファーディナンド氏は、ユナイテッドでかつて共闘したロナウドの名前を挙げ、「彼は結果的に生きるか死ぬかの状況で、世界最高の選手であるという結果を残した。ゴールとアシストでね」と主張。加えて、「だからこそポグバは、彼の良いところから何かを学ぶことができると思う。この惑星で最高のミッドフィールダーになるために、本当に何が必要かをね」と、ロナウドの選手としての振る舞いを見て学ぶべきだという考えを明かした。

 またファーディナンド氏は、フランス代表と同じように成功を収めたいと思っているポグバの態度を見て、改めてアドバイスを送っている。


C・ロナウドのメンタルは「野性的。ひたむきで恐れがない」

「聞いてほしい。彼はエゴを持っている。それをソーシャルメディアで知ることも難しくない。彼はエゴを持っていて、最高の選手と話したい、見てみたいと思っている。そのための飢えと欲求があるんだ」

 そして最後に、「僕は彼らを比較するのは、プレーヤーとしてではないと思う。それは精神面だ。クリスティアーノ・ロナウドはどこでも周りのすべての選手を打ち負かそうとしている。彼のメンタルは野性的だ。ひたむきで恐れがなく、こだわりが強い。クレイジーな組み合わせだよ」と語ったファーディナンド氏。ポグバが世界最高の選手となるためには、ロナウドから精神面を学ぶべきだと考えているようだ。


(Football ZONE web編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網