戻る


麻生氏が公然と「恫喝」発言 自民総裁選、閣僚への「圧力問題」で

麻生太郎財務相(2007年撮影)

写真拡大

自民党の総裁選(2018年9月7日告示・20日投開票)は、最終盤になって斎藤健農水相に対する「圧力」問題をめぐる応酬が続いている。

とりわけ安倍晋三首相(党総裁)陣営からの発言が活発で、麻生太郎財務相は、現役閣僚が現役首相の対抗馬を支援することは不適切だとする考えを公然と主張。それでも支援した場合は「どういうことになるかという話を根本に据えておかないと」とまで述べ、今後は冷遇されることを強く示唆した。

「あんなことウジウジ言ったらね、斎藤健の価値が下がるぞ」

斎藤氏は9月14日の石破派の会合で、

「私は、ある安倍応援団の一人に言われました。『斎藤よ、内閣にいるんだろ?石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』。こう言われました」

などと述べ、これが安倍陣営からの「圧力」だとして波紋を広げていた。

安倍氏は17日夜放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)で、発言をした人物や、発言の文脈を明らかにすべきだと主張。石破氏は財務省のセクハラ問題と「仕組みが似ている」と反発していた。候補者同士の議論が平行線をたどる中で、安倍陣営からは「援護射撃」が相次いだ。

安倍陣営の選対事務総長を務める甘利明元経済再生担当相は17日夜にBS日テレで放送された「深層NEWS」で、こういった「圧力話」は相互にあり得る話だと主張した。

「(圧力の話は)私の耳には入ってないですけれどね。ヒートアップしてくれば、両方でいろんなことは言いますよ。相手陣営からもこっちにいろんな話があると来ますが、そんなの歯牙(しが)にもかけるな、と」

その上で、こういった「圧力」をめぐる話を斎藤氏が暴露したことに不快感をにじませた。

「斎藤さんもね、私の派閥横断の勉強会にも入っているナイスガイですよ。だからあんなことウジウジ言ったらね、斎藤健の価値が下がるぞ、と。歯牙にもかけるなと(言いたい)。で、安倍総理はね、そんなね、何派だから閣僚にいていい悪いとか、そんなね、了見の狭い男じゃないですから。こんなの話題にすることすら恥ずかしい話だから無視しろっていうことですよ、そんなの聞こえてきても」

現職首相に対抗馬が立つのは15年ぶり

麻生氏は、さらにストレートな表現で斎藤氏を非難した。9月18日の記者会見では、現職首相に他の候補が挑む形での総裁選は小泉政権下の03年8月以来、15年にわたって行われていないことを念頭に、

「今までの総裁選とは全然違うんだっていう認識が、まず基本的に欠けてるよね。現職がいなくなった後での総裁選と現職がいる時の総裁選は意味が違うだろうが」

などと指摘した。

その上で「今回は、(現職が)いてやるわけだから」と念を押し、現職閣僚が首相の対立候補を支持した場合について

「どういうことになるかという話を根本に据えておかないと(いけない)」

と話した。

これらの発言について記者団から知らされた石破氏は、

「『権力を持っている者に逆らうな』ということをおっしゃったとすれば、それはどうなんしょうね」

と反発した。総裁選後は石破・斎藤両氏の処遇が焦点になりそうだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網