戻る


今季初出場の香川真司に独メディアは厳しい評価。「アピールする事が出来なかった」

ボールを競り合う香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表のMF香川真司に独メディアは厳しい評価を下している。

 現地時間18日、ドルトムントはチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節でクラブ・ブルージュとアウェイで対戦し1-0で勝利した。

 18日付けの独メディア『シュポルトブッツァー』は試合後に選手の寸評並びに評点を掲載し62分から出場した香川を「ルシアン・ファブレ監督の下で今季これまで全ての試合でベンチ外だった。そんなサポーターに愛されている選手はブルージュの地でピッチに立った。30分プレーしたカガワだったがアピールする事が出来なかった」とし「4」を付けた。(ドイツの選手採点は「6」が最低で「1」が最高)

 得点に絡むプレーを見せる事は出来なかったがようやく今季初出場を果たした香川が今後どのような活躍を見せてくれるのだろうか。

text by 編集部

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網