戻る


国内市場の8割近いシェアを持っていたNECのPCが駄目になった理由

はてな匿名ダイアリーに投稿された「NECで何が起きているのか」なるエントリーが話題となっています。匿名サイトという特性上、どこまで真実が綴られているかについては諸々差し引いて考えなければならないという面はあるものの、「それなりに勉強になる」とするのは、世界的エンジニアの中島聡さん。中島さんはメルマガ『週刊 Life is beautiful』の中で、かつて自身が目の当たりにし呆れたというNECのビジネスの進め方を記すとともに、同社のパソコン事業をダメにした一因とも言われる「MicrosoftのOS採用」と中島さんとの意外な関わりを明かしています。

私の目に止まった記事

● NECで何が起きているのか

はてなの匿名ダイアリーには、時々この手の記事が投稿されます。そもそも会社に不満を持っている人が書いているので、あえてネガティブに書いている面もあるとは思いますが、普段、外からはなかなか見えない会社内部の事情が見えてくるので、それなりに勉強になります。

ちなみに、私が最初に手にしたコンピュータ(TK-80)もNEC製だったし、大学の時に作ったCandyと言うパソコン用のCADソフトも、NECのPC-9800向けに作ったし、NECとは色々と縁があります。あの頃のNECは本当に輝いていました。

i-modeで、NTT DoCoMoが世界の最先端を走っている2000年には、NECからi-modeケータイを世界に広めるためにシアトルに来ていた人と結構親しくなったのですが、会社全体がNTT DoCoMoから仕事が降ってくることに大きく依存している体質だったため、死に物狂いでシェアを取りにきているSamsungと比べると負けて当然と思ったことを良く覚えています。

さらに日本でi-modeケータイの設計をしていたエンジニアとも知り合いになったのですが、彼もこの手の企業に良くいるコードを書かない・書けないエンジニアな上に(コーディングは全て下請けに丸投げしていました)、仕事の話をしようと頼むとキャバクラ接待を要求してくるというどうしようもない奴でした。

AppleがiPadを発売した2010年には、NECのパソコン事業部の事業部長にタブレット戦略について相談されたことがあるのですが、私が「なぜタブレットを作りたいのか?」と尋ねると、「うちにはタブレットを作れるエンジニアたちがいるから」というどうしようもない答えが返ってくるので、これは絶対に失敗すると確信したことを覚えています。私が「そんな考えでタブレットを作っても売れない」と指摘すると、「うちは社内や関連企業に押し込むことが出来るから最低限のロットは捌ける」という答えが返ってきて、なんて気楽な考え方でビジネスをしているのだろうと呆れてしまったことを良く覚えています。

ちなみに、NECのパソコン事業がダメになってしまった一番の原因は、MicrosoftのOSを採用したことにありますが、その原因を作ったのが私だったという話を後から聞きました。私がアスキーのアルバイトとして書いたコード(CP/MをNECのパソコンで走らせるためのディスクドライバー)をNECが別の用途で使っていることをアスキーの担当者が発見し、それを理由にNECに(当時、アスキーが総代理店をしていた)Microsoftのソフトウェアをライセンスすることを強要したとのことです。

あの当時、NECのパソコンは日本市場の8割近くのシェアを持っていたため、NECがあのまま独自OS路線を突っ走っていれば、Microsoftが日本で成功することは簡単ではなかっただろうと思います。

私の目に止まった記事2

● Why Is Li Feifei Leaving Google’s AI Lab?

GoogleのAIグループを率いてきたLi Feifei博士が、Googleを離れることが業界では大きな話題になっています。AIで業界のリーダーシップを取ることがGoogleにとっての最も重要な課題であることは明確で、彼女の引退に関しては、様々な憶測が飛んでいます。

この記事によると、「Googleが望むようなパフォーマンスを見せることが出来なかったから」となっていますが、彼女のような研究者に、目に見えるようなパフォーマンスを期待すること自体が少し違っているように思え、そこに原因があるとは私には思えません。

彼女のような人にとっての一番重要な仕事は、GoogleがAIに力を入れていることを様々な方法で宣伝し、GoogleをAIの研究者たちにとって魅力的な場所に見せることであり、それに関しては、とても良い仕事をして来たと私は思います。

唯一の汚点は、AIの軍事利用に関して、経営陣と研究者たちの間に軋轢が生まれてしまった問題ですが、この件に関しては、彼女も軍事利用に反対する立場を取り、それが今回の引退に繋がった可能性も否定できないと思います。

いずれにせよ、数年前までは大学の教授にでもならなければ出来なかったAIの研究が、突如、多くの企業にとって、最も重要な研究テーマの一つになってしまったため、色々なところに歪みが出来ていることは明らかです。

大学でAIの研究をしていた人が、高給で企業にヘッドハントされたり、そんな研究者たちが営利企業のカルチャーに馴染めずに辞めてしまったり(もしくは首になったり)、地味な研究者が慣れない大金をつかむ事によって人生を間違ってしまったり、などです。

image by: NEC - Home | Facebook

東京五輪のボランティアが「ブラック」という説は大きな勘違いだ/質問コーナーなど(2018/08/28)もはや限界。テスラ社CEOイーロン・マスクの悲痛な叫び/質問コーナーなど(2018/8/21)テスラ社のイーロン・マスクに7兆円もの資金を提供する組織の名/質問コーナーなど(2018/08/14)日本とアメリカのエンジニアで、これほど待遇が変わる要因は何か?/質問コーナーなど(2018/08/07)

2018年7月分

なぜ人は、イーロン・マスクの「無理めな夢」に賭けたくなるのか/質問コーナーなど(2018/07/31)東京の夏が「昔より断然暑い」決定的な裏づけ/質問コーナーなど(2018/07/24)進むSNS離れ。いま欧米で「メルマガ」回帰の流れが来ている理由/質問コーナーなど(2018/07/17)EVシフトもガラパゴス?日本の住宅事情がEV車の普及を妨げている/質問コーナーなど(2018/07/10)日経が異例の「経団連」批判。「失われた20年」を抜け出せぬ日本/質問コーナーなど(2018/07/03)

2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分

スマートコントラクトの問題点/Microsoftのブロックチェーン戦略/個人が請け負う宅配サービス/翻訳ブログと著作権法(6/26)終身雇用とシンギュラリティ/プルトニウムの備蓄/ビデオの偽造技術の進化/ビットコインの価格操作の証拠/東芝の自社株買い(6/19)トヨタの水素戦略/Node.jsの失敗/嫌なニュースは見るべきではないのか?/戦略的な人員配置とエンジニアの生産性(6/12)UBIに代わるもの/ブロックチェーンの問題点/robocall/自動運転車と渋滞/電気自動車向けのインフラ投資をするカリフォルニア(6/5)

2018年6月のバックナンバーを購入する

2018年5月配信分

シンギュラリティ・ソサエティの活動/ロイヤルウェディングと電気自動車/Model3のジレンマ/アマゾンの顔認識サービスと警察(5/29)Teslaと中国/モナコイン騒動/BMWの悩み/Swift vs. Objective-C/Amazon Goの全国展開/Amazonと自動運転車/RNAと記憶/物事の本質/ソフトウェアエンジニアが勉強すべき技術(5/22)振込み詐欺犯に間違えられた話/パーソナルブランディング/青学での講演/運賃無料タクシー/Appleの株を買い増したWarren Buffet/働き革命/ランドセルとIoT(5/15)日米のコミュニケーション教育の違い/情報の集め方/Elon Muskの掟破り/自動運転車が暇なときにアルバイト?(5/8)自動運転社会の一つの形/Nintendo Labo/米国でのメルカリ/時代遅れな東京都の下水システム/Appleのディスプレイ戦略/ロボネコヤマトの驚異/ビットコインは詐欺か?(5/1)

2018年5月のバックナンバーを購入する

2018年4月配信分

Jeff Bezosから株主へのレター/ソフトウェアエンジニアの給料/結論を先に言うテクニック/自動車間通信/「使い方が自明」なデザイン(4/24)アマゾンファッション/自動運転と交通違反/工場に寝泊まりするElon Musk/車を買いたくない世代/ゲームソフトのクリア率(4/17)【メルマガ読者限定号外】特別対談 堀江貴文×中島聡(4/13)放送の未来とおまかせテレビ/説得力のある文章の書き方/合理的な文章/アリペイの秘密/マネックスによるコインチェックの買収(4/10)放送の未来/Facebookの致命的な弱点/おまかせテレビ/テクニカル分析/電力会社が自ら選ぶ脱原発/Teslaの唯一の弱点/小手先だけのSEOは避けるべき(4/3)

2018年4月のバックナンバーを購入する

※ 1ヶ月分864円(税込)で購入できます。

MAG2 NEWS

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網