戻る


金足農主将候補・船木「来年優勝旗を絶対獲る」聖地で出番なかった2年生が闘志

<大阪桐蔭・金足農>スタンドにあいさつする金足農ナイン(撮影・近藤 大暉)

写真拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会最終日・決勝 金足農2―13大阪桐蔭(2018年8月21日 甲子園)

 今大会に出場した9人以外の控えは全員2年生。三塁コーチを務めた次期主将候補、金足農・船木は「先輩たちを見て、我慢強く練習していけば強くなると分かった。来年は自分たちが優勝旗を絶対に獲る」と闘志を燃やした。

 出場機会もあるか不透明な状況の中でも「日本一のサポートをしよう」と言い合ってきた。この日の5回、伝令を務めた工藤は「リラックスしてほしいと思って」とわざとマウンドを通過して笑いを取った。上級生をいろんな形で支えた。

 投手陣は背番号10の右腕・関をはじめ力のある選手がそろい、吉田の後継争いも活発になりそうだ。中泉監督は「秋の大会がすぐ始まるが、日本一になるにはもっと攻撃力が必要」と引き締めた。9月、来夏への戦いが始まる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網