戻る


涙の独女子代表、励ます日本代表の“美しき一枚”を世界絶賛「日本は尊敬される国」「凄い」

U-20女子日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

U-20女子W杯8強、日本がドイツに3-1勝利 日本人FWの心優しい計らいに感動拡大

 ヤングなでしこの愛称を持つU-20女子日本代表は17日、U-20女子ワールドカップ(W杯)準々決勝ドイツ戦で3-1と勝利し、4強に進出した。

 強豪を撃破した日本は歓喜に沸いたなか、大会公式インスタグラムが感動的な一枚の写真を投稿。試合後に涙を流すドイツの選手を励ます日本人選手のショットを公開し、世界中のサッカーファンの感動を誘っている。

 グループリーグを2勝1分の2位で勝ち上がった日本は、3戦全勝の1位で8強に駒を進めたドイツと対戦。前半は0-0で折り返したなか、徐々にペースをつかみ始めていた日本は後半14分にMF遠藤純が先制ゴールを奪う。後半25分にFW植木理子、同28分にFW宝田沙織のゴールで3-0とリードし、終盤に1点を返されるも3-1と快勝している。

 激闘の終わりを告げる笛が鳴ると敗れたドイツの選手たちは地面に座り込んで落胆を露わにし、悔しさを堪えきれずに涙を流す者もいた。そんななか日本代表選手が見せた心優しい計らいが話題となっている。

 大会公式インスタグラムが試合後に一枚の写真をアップ。「それこそ私たちが愛しているサッカーだ!」とコメントを添え、後半途中出場のFW児野楓香が涙を流しながら地面にへたり込むドイツ選手のもとへ歩み寄り、手を優しくとって慰めてる様子が収められている。試合中の真剣勝負から一転、敵味方の垣根を超えた行動を受けて、返信欄は日本への絶賛で溢れた。

「日本は素晴らしい国」
「これ以上のものはない」
「日本は最も尊敬される国」
「穏やかな世界」
「すごい瞬間」
「クール」
「素晴らしい投稿!」
「サッカーが1番」

 2大会連続の4強進出という結果はさることながら、勝者の振る舞いも称賛された日本。その反響は今も広がり続けている。


(Football ZONE web編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網