戻る


“前代未聞”のPK戦で順位決定の可能性も…アジア大会GL首位通過狙うU-21代表

アジア大会GL首位通過を狙うU-21日本代表(写真は17日のもの)

写真拡大

 勝ち点、得失点差、総得点で並ぶ。19日のアジア大会グループリーグ第3戦ベトナム戦は、両チームがまったく同じ状況で試合を迎えることになった。

 U-21日本代表は14日の初戦ネパール戦をMF三笘薫(筑波大)のゴールで1-0で制すと、16日の第2戦パキスタン戦ではW岩崎悠人(京都)の2ゴールに加え、FW旗手怜央(順大)、FW前田大然(松本)がネットを揺らし、4-0の完封勝利で2連勝を飾った。

 一方のベトナムは初戦パキスタン戦で3-0、続く第2戦ネパール戦で2-0の完封勝利を収め、同じく2連勝で日本戦へ。この結果、両チームともに勝ち点「6」、得失点差「+5」、総得点「5」とまったく同じ状況で第3戦を迎えることになった。

 第3戦で勝敗がつけば順位は問題なく確定。しかし引き分けになった場合は、勝ち点、得失点差、総得点が同じになる。そのため、当該チームが最終戦を行っていることから、大会規定によってPK戦が適用されることに。経験豊富な山本昌邦技術委員会副委員長も「見たことも聞いたこともない」と語ったように、“前代未聞”のPK戦によって順位が決まる可能性が出てきた。

 しかし、勝利すれば文句なしの首位通過が決まる状況であり、MF神谷優太(愛媛)は「もちろん全員勝つつもりでいる」とキッパリと語った。

(取材・文 折戸岳彦)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網