戻る


中国人が捨てていくから「日本の空港では、ある問題が起きている」=中国メディア

2017年に日本を訪れた外国人旅行客のうち、中国人が占める割合は約26%に達した。また「爆買い」という言葉が生まれたように日本を訪れる中国人旅行客の買い物意欲は旺盛であり、日本経済に大きな経済効果をもたらしているのは事実だ。しかし・・・(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人観光客の勢いは陰りを見せていないが、その一方ではトラブルも起きているのが現状だ。中国メディア快資訊は10日、海外からの観光客が増える一方で日本の空港ではある問題が発生していると紹介する記事を掲載した。

 2017年に日本を訪れた外国人旅行客のうち、中国人が占める割合は約26%に達した。また「爆買い」という言葉が生まれたように日本を訪れる中国人旅行客の買い物意欲は旺盛であり、日本経済に大きな経済効果をもたらしているのは事実だ。しかし、日本各地の空港では中国人旅行客が捨てていくスーツケースが問題となっている。

 記事は日本で沢山の買い物をするために新しいスーツケースを購入し、古いスーツケースを空港で捨てていく中国人客が多いと指摘し、このスーツケースの処理が問題となっていると指摘。今や中国でもネットを通じて日本製品を購入できるとは言え、やはり日本で直接買い物することは中国人にとって信用や価格の点で大きな魅力となっているようだが、大量にスーツケースが捨てられるのはやはり大きな問題だ。

 空港に放置されるスーツケースはたとえ中身が空だったとしても、たとえ1つでもかさばるうえに、本当に所有者がいないのかどうかを確認し、保管する手間も生じる。一部の空港では有償でのスーツケース回収を始めたようだが、実際には効果が上がらなかったようだ。

 中国人が日本で大量に買い物をすることは喜ばしいことだが、その一方で、スーツケースを捨てていくのは大きな問題だ。諸手を挙げて中国人を歓迎する動きが少ないのは、こうしたマナー違反が絶えないからではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網