戻る


フォクルスワーゲン、米国仕様の「ゴルフR」に多彩な40色ものカラー・オプションを導入!

フォクルスワーゲン、米国仕様の「ゴルフR」に多彩な40色ものカラー・オプションを導入!
フォルクスワーゲン・オブ・アメリカは、2019年モデルイヤーの「ゴルフ R」に、これまでカナダで採用されていた「スペクトラム・プログラム」を、米国でも導入すると発表した。これはホットハッチのゴルフ Rを購入する際に、少しの追加料金を支払うだけで、ボディのペイントをあまりパッとしない標準のカラーだけでなく、40色もの中から選べるようになるというものだ。

ご心配なく。これらの40色は、単に少しだけ色合いや明るさの違うグレーとかシルバーが、たくさん揃えられているというわけではない。中にはダッジあたりで使われているような鮮やかな色も用意されている。まずは全色の画像をギャラリーにご用意したのでご覧いただきたい。3世代目「シロッコ」やランボルギーニ「ウラカン」と同じグリーン・メタリックから、1997年に「ゴルフ GTI」の限定モデルで採用されたギンスター・イエロー、「ゴルフ R32」専用色だったブルー・パール、初代ゴルフ GTIのマーズ・レッドなど、歴史的モデルを思わせる特徴的なカラーも揃っている。近々、VWの公式ウェブ・サイトでコンフィギュレーション・ツールを使って試すことができるようになる。また、ショールームではペイントのサンプル・キットが用意されるので、純正塗料並みの品質で確認できるという。

これらの多彩な色の中からゴルフ Rのボディ・カラーを選びたいなら、支払総額に2,500ドル(約27万6,800円)のオプション料金を追加しなければならない。車両価格4万ドル(約442万円)もする高額なクルマがさらに高くなる。しかし、購入した新車を塗装専門業者に持ち込みカスタム・ペイントを依頼するよりも手間がかからず、VW標準品質の仕上がりが保証される。ホットなゴルフをさらに自分らしい色に染めて乗りたいと思うなら、検討に値するオプションではないだろうか。

By JOEL STOCKSDALE

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網