戻る


『PRODUCE 48』で露呈した、日韓アイドルの決定的な違い 同調のみでは突出した才能は生まれない

 〔PHOTO〕「PRODUCE48」公式サイト

写真拡大

「ボイトレなんて、一回もしたことないし」

AKB48グループの39人が挑戦しているK-POPサバイバル番組『PRODUCE 48』。

エピソード1〜2では、ランク分けのためのパフォーマンスに日韓の参加者(「練習生」と呼ばれる)が挑んだ。審査するのは、彼女たちを鍛えるK-POP界のトレーナーたちだ。

その結果は、なんともシビアなものだった。デビュー前の韓国の練習生たちが際立ったパフォーマンスを繰り広げたのに対し、48グループのほとんどは酷評された。評価基準は、あくまでも歌とダンスの技術力だったからだ。

「K-POPがプロ野球だとしたら、AKBは高校野球かもしれない」──秋元康のこの言葉は見事に実証された。

(前回記事はこちら「AKBが開いたパンドラの箱『PRODUCE 48』の代償と可能性」)

〔PHOTO〕「PRODUCE48」公式サイト

最初の評価では、Aランクは宮脇咲良(HKT48)と竹内美宥(AKB48)のみ。Dランクが11人、Fランクが17人と、日本勢の76%が下位とされた。

韓国勢(中国人やアメリカ人も含まれる)はDランクが4人、Fランクが2人(11%)だったのと比べると、歴然とした差だ。

こうしたなか、「基礎ができていない」と厳しく評価された韓国の練習生の姿を見て、審査前の48グループのメンバー複数がぼやいた。

武藤十夢「うちら、1ヵ月とかで(ステージに)出てるよね」
岩立沙穂「ボイトレなんて、一回もしたことないし(略)研究生が基礎練習やるわけでもないじゃん。先生がいるわけじゃなくて、自分たちでやるし」
小嶋真子「先輩を見よう見まねでやってた」

トレーナーのひとりであるFTISLANDのイ・ホンギは、日本でも長く活動していることもありそうした48グループの状況を把握していた。

それを他のトレーナーに伝えると、もっとも厳しい指導をする振付師のペ・ユンジョンがニヤリと笑って言った。

「彼女たちの成長を見るのが楽しみだね」

そんな48グループが、いよいよ専門的なトレーニングを受けることとなる──。

48グループメンバー「最初の難関」

練習生たちは、ランク別に合宿所で生活をともにする。携帯電話は没収され外部との連絡は遮断される。これらは、韓国芸能界では当然のように行われている手法だ。

トレーニングは、午前と午後に2コマずつ計4コマ。自主練習の時間も多いが、歌とダンスに毎日1コマずつ費やされる。

このトレーニングは、個々の技術を高めることはもちろんだが、最初のランクの見直しと、96人全員参加の発表曲のミュージックビデオ「Pick Me」の立ち位置を決めることも目的としている。

番組ではこのプロセスに1時間程度しか尺は割かれなかったが、48グループのメンバーにとって最初の難関となったのはこの合宿だ。

Fランクに位置づけられた17人の日本勢はもちろんのこと、Aランクの宮脇咲良もボロボロになりながら練習に打ち込んだ。

途中のインタビューで、彼女はぽろぽろ涙を流しながらこう話す。

「まだ1年しか練習生をやっていない子たちが上手くて、私はもうアイドルをやって7年も経つのに、どうしても体が動かなかったり……。全然実力がないと思うと、7年間なにをやってきたんだろうって……悔しいです」

データからも日韓の練習生にはもともと大きな違いがあることが読み取れる。

たとえば年齢は、日本勢は平均20歳ちょうど、韓国勢は18歳4ヵ月と、1歳半以上の差がある(6月の段階で生年のみから換算)。最年長は24歳の宮崎美穂(AKB48)、最年少は2004年生まれの韓国勢5人だ。

それよりも大きな開きがあるのは、練習生期間だ。日本勢は(デビュー以後も含めて)平均5年4ヵ月なのに対し、韓国勢は同1年11ヵ月。48グループのほうが3倍近くキャリアが長い。

最長は、これも宮崎美穂の10年8ヵ月、そして松井珠理奈(SKE48)が9年11ヵ月と続く。一方韓国勢は、57人中半分ほどの28人が1年以下だ(データはすべて公式HPより)。

48グループの面々はなどはこうした現実のなかで、はじめてまともな訓練を受ける。

FTISLANDのイ・ホンギは、基礎的な腹式呼吸や日本人特有の鼻音発声の矯正をFランクメンバーに教える。Aランクにいる宮脇咲良ですらひどく追い込まれながらも、ここから徐々に変化が見え始める。

期間は不明だがトレーニングを積んだ面々は、ひとりずつ「Pick Me」のパフォーマンスを自撮りし、それをもとにトレーナーたちはランクを変更した。

結果、宮脇咲良はAランクを維持し、高橋朱里(AKB48)と本田仁美(同)、矢吹奈子(HKT48)もAランクに入った。とくに矢吹はFランクから一気に駆け上がった。

その一方で、松井珠理奈はBランクに据え置かれた。また、Fランクから変動のなかった植村梓(NMB48)と梅山恋和(同)、月足天音(HKT48)の3人は、次のステップに進まずここでリタイアした。

そして公開された練習生全員による「Pick Me」のMVでは、センターポジションを宮脇咲良が務めることになった。これは、Bランク以下82人による投票で決められた。

視聴者投票ですべて決まる

番組は、エピソード3からいよいよ本格的なサバイバルに入る。

ここから段階的にメンバーが絞られていく。まず、93人中35人(38%)が足切りされる。その判断は、「国民プロデューサー」と呼ばれる視聴者からの投票に委ねられる。

判断材料はグループバトルだ。

5〜6人のグループが16組つくられ、2組ずつが同じ曲をライブ会場で披露し対決する。グループの勝敗は、会場の観客による練習生個人への投票数の和で決まる(人数が異なる場合は平均値で勝負する)。

そして勝ったグループには、メンバーひとりに1000票ずつベネフィットが与えられる。これらはそのまま視聴者投票にも加えられる仕組みだ。

こうした対決のルールは、番組を観ていても少々複雑に感じる。だがそれは、テレビ番組としての娯楽性と、競争の公平性を天秤にかけてのものだ。

もちろん視聴者による投票は、番組内容によって大きく左右される。フォーカスをあてられる時間に個人差が出るからだ。

また、良いところばかりがピックアップされるわけでもない。そうした構成は「悪魔の編集」とも呼ばれ、この『PRODUCE』シリーズでは常に問題視されている。

だが、96人全員を均等に扱うことは不可能であり、こうしたバイアスは避けられないことでもある。そのフォローとして、M-NETはかなり多くの動画をネットで公開している。グループバトルでは、ステージでパフォーマンスをおこなった92人の練習生をひとりずつ撮影し、それらはすべてYouTubeで観ることができる。視聴者はこれらも判断材料にできるのだ。

ここでのポイントは、あくまでも最終的な判断を視聴者に委ねていることだ。民意をしっかり反映させる、つまり民主的であろうとする姿勢が強くうかがえる。

これは、他の韓国の音楽バトル番組『私は歌手だ』でも同じだ。視聴者を「国民プロデューサー」と呼び、投票数をしっかり明示するのも、民主的な手続きを徹底しようとする姿勢からなる。これは、市民運動によって民主化を勝ち取った韓国の歴史に根ざしたものだ。

この点は、日本のオーディション番組とは明確に異なる。『スター誕生!』や『いかすバンド天国』など、ほとんどの番組の審査員は業界人だった。現在テレビ朝日で放送されている『ラストアイドル』もそうだ。

しかもこの番組では、4人の審査員からひとりがランダムに選ばれて勝敗が決められる。たとえ審査員全員の判断が3-1や2-2と分かれていても、結果は運しだいだ。その不条理でしかない残酷さそのものも番組のコンテンツとされている。

この番組は秋元康の企画によるものだが、ひとり一票の原則を大幅に無視したAKB総選挙と同様に、民主的な手続きを期待する様子がまったく見られない。そこからは、打ち破れていく学生運動を見て育った秋元康のノンポリ的な姿勢も読み取れる。それは、新人類世代らしい“非政治的な政治性”とも言い換えられるスタンスなのだろう。

日韓練習生の意識・立場の違い

16組のグループバトルでは、BLACKPINKやRed Velvetなどの8曲が題材とされた。なかには、AKB48の「ハイテンション」や、TWICEの「Like OHH-AHH -Japanese ver.-」など日本語の曲も含まれている。

このバトルは、結果よりもプロセスが興味深かった。グループを構築していく過程で、日韓の練習生の意識や立場の違いが明確に表れたからだ。

まず各グループは、リーダーとセンターを決める。このときに目立ったのは日本勢の消極的な姿勢だ。多くのグループで日本勢が少数派ということもあり、気後れする者が相次いだのだ。

日韓米中の練習生で構成されたグループになった松井珠理奈も、日本で見せるような積極性を出すことはなく、他の練習生がセンターになるのを見守った。本人にとっては謙虚な態度だったのかもしれないが、このグループバトルではただ存在感が埋没しただけだった。

日本勢のほうが6人中4人と多い「Short Hair」第2組では、今田美奈(HKT48)と松岡菜摘(同)がセンターに立候補した。だが、韓国勢にパフォーマンスのテストを求められると「曲を練習していない」と拒否。

あげくの果てに、話し合いそのものを「やだー、この決め方。ジャンケンとかで良くない?」(松岡菜摘)と笑いながら否定し、田中美久(HKT48)と長谷川玲奈(NGT48)もそれに同調した。

このグループのリーダーである韓国のイ・シアンは、その態度に呆れたような表情を見せながらも、いかにセンターポジションが大切か主張した。結局テストすることになったが、松岡は「じゃ、いい。私はやめるー」と退いた。

今田美奈とイ・シアンのテストでは、他の日本勢3人は今田、韓国勢ひとりがイ・シアンに投票して、結局今田がセンターとなった。この投票について、松岡菜摘は後のインタビューでこう話している。

「シアンがセンターになると、『シアンとほかのひと』みたいに(なるから)」

みずからの意見をしっかりと述べるイ・シアンを、松岡は敬遠したのだ。そこではバトルで勝つ目的よりも、波風の立たないコミュニケーションが優先された。

この一連のやりとりには、日本的なコミュニケーションの悪い部分が凝縮されている。韓国でこの松岡の態度は利己的だと批判されたが、日本人の多くはそれが利己的ですらないことがわかるはずだ。

自分にもメリットのあるグループバトルの結果よりも、「空気」を基準にその場をやり過ごすための「安心」を求めているだけだからだ。議論を感情的な衝突としてしか認識できないのもそのためだ。信頼ベースの社会性が決定的に欠落している。

日本の教育がもたらしたもの

その後トレーナーに叱られたこともありチームワークは改善したものの、やはりこの第2組はバトルで負けた。さらに先の話をすれば、ベネフィットを獲得できなかった彼女たちのなかで58人枠に残ったのは、イ・シアンひとりだけだった。

(怪我で降板した田中美久を除き)松岡を含む日本勢3人は、下位から這い上がることなく脱落したのである。まるで「赤信号みんなで渡れば怖くない」というギャグを真顔で実践したようなものだ。

こうした松岡たちの無残な姿を見ると、日本の教育政策にすら考えが及んでしまう。

OECD加盟国の比較では、日本は労働力人口に占める低スキル労働者(読解力や思考能力の低さ)の割合がもっとも低い(吉川徹『日本の分断──切り離される非大卒若者たち』2018年・光文社新書)。これはつまり、落ちこぼれが生まれにくく、全体的には教育レベルが高いことを示唆している。

だが、80年代の中曽根政権下で設置された臨時教育審議会以降に問題視され続けたのは、突出した能力が生まれにくい教育の質にあった。かの「ゆとり教育」も、その主眼は独自の思考や個性的な能力を発揮させるためのものだった。

語弊を恐れずに言えば、詰め込み教育で全体の底上げばかりに気を取られ、エリートが育ちにくい状況が問題化されたのである。

それがどの程度の成果につながるかは、まだ今後しだいであるのだろう。ただ、突出した個性が必要とされる芸能人ですら、周囲との同調のみに終始して目的を見失わせるほど、日本的な「空気」読みコミュニケーションは根が深い。

他者との議論(コミュニケーション)や調整(ファシリテーション)の手法をしっかり教えないまま個性化教育を推し進めた結果、単に自己愛が強くて社会性の乏しい存在が多く育ったのかもしれない。

おおげさかもしれないが、松岡菜摘のあの雑な態度はそうした日本の教育政策について考えさせるほどのインパクトがあった。

日本勢は苦戦した腰振りダンス

モチベーションの違いもあるが、日韓練習生の基礎的な技術力の差もグループワークの障害となった。とくにそれが顕著となったのはダンスだ。メンバー同士のシンクロ以前に、腰を使うK-POPの振り付けに日本勢は苦戦した。

このとき白間美瑠(NMB48)は、そのダンスに対し「韓国の振りって腰をすごく使って、女性しか持っていない武器を最大限に活かしている」と話している。

洋楽の文脈に沿ったK-POPの振り付けは、たしかに腰を中心に全身を使った動きを見せるものが多い。ただ、こちらのほうがダンスとしては主流で、実際は48グループの振り付けがあまり下半身を使わないだけだ。

おそらくそれは、48グループが大所帯であることと関係している。人数が多すぎるので完全にシンクロしたダンスを見せることは難しく、しかも彼女たちにはふだんトレーナーもいない。そうした条件で求められるダンスは、腕を使って動きを大きく見せる難易度が低いものなのだろう。

たとえば、ランク分け審査のときに白間を含むNMB48メンバーが披露した「ワロタピーポー」などは、パラパラのように腕を使った決めポーズが多いものだ(これはこれでトレーナーには好評だったが)。

これはわかりやすい例だが、48グループでは移動しながら腕ばかりを動かすシンプルなダンスが多い。下半身の動きも左右前後に動かすのではなく、ジャンプなど上下させるものが目立つ。

こうした方向性のひとつの成功例が、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」だったのだろう。

一般の人による「踊ってみた動画」の投稿で大ヒットしたが、つまりそれはプロでなくても簡単だったということだ。「素人でもできるダンス」ではあっても、K-POPが魅せる「プロだからこそ可能なダンス」ではなかったのである。

だが、そんな48グループがK-POPの難易度の高いダンスにチャレンジした。ミュージカルで活躍していた高橋朱里(AKB48)でさえグループでひとりだけ習得が遅れ、後藤萌咲(同)も他の韓国練習生たちがみんなで教えていたほどだ。

松井珠理奈が負けた瞬間

だが、このバトルによって48グループの面々に徐々に変化が訪れる。着実に力をつけ始める者が現れ始めたのだ。

その代表的な存在が矢吹奈子(HKT48)だ。「Love Wisper」(GFRIEND)を課題とする第2組になった彼女は、歌唱力とダンスともに見事なパフォーマンスを見せた。また韓国語の曲でありながら、その発音も非常に綺麗なものだった。

結果、矢吹はひとりで330票を獲得。対する第1組の総得票数は334だったので、ひとりでほぼ同等の評価をされた。当然、グループも圧勝。

この330票とは、グループバトルに臨んだ92人のなかでも最多であり、次点は198票だったので群を抜いていた。矢吹はこの後も評価が高まっていき、デビュー圏内を常に維持することとなる。

ほかにも日本勢でしっかり成長を見せたのは、後藤萌咲や白間美瑠、村瀬紗英(NMB48)、下尾みう(AKB48)などだった。なかでも後藤は、ダンスと歌で苦労したものの結果的には172票を獲得し、グループを勝利へと導いた。

下尾みうもこのグループバトルで大健闘した。まだ17歳で、過去5回のAKB選抜総選挙ではすべて圏外だった彼女は、「Peek-A-Boo」(Red Velvet)の対決で勝利し、この後もさらに順位を上げていく。

しかも、この対戦では相手グループに松井珠理奈がいたが、彼女を6票も上回って勝った。AKB総選挙1位の松井が、ずっと圏外だった17歳に負けてしまったのである。48グループの代表としての面目は丸つぶれだ。

日本勢の得票数が多かった理由

そして、この番組で注目され続けていた宮脇咲良も、グループバトルで大きく成長したひとりだ。

「Very Very Very」(I.O.I)の第2組となった宮脇は、本番2日前にセンターにポジション変更をし、その翌日のリハーサルでトレーナーのソユ(元SISTAR)から強くダメ出しをされる。

「なぜ咲良がセンターなの? 咲良によってぜんぶ台無しになってる。(歌詞の)発音は悪いし、ダンスも変(略)なんで出来が悪いひとをセンターにしたの?」

宮脇はそれを聞いてまたもやぽろぽろと涙を流す。この番組で彼女は泣いてばかりだ。

第2組はセンターポジションをだれにするかで迷走し、結局負けてしまう。ただ宮脇は本番をしっかりと乗り切り、両グループで最高の164票を獲得。ひたむきな努力が無駄ではないことを証明した。

さて、こうして16組がパフォーマンスを見せたグループバトルについて、ひとつ付記しなければならないことがある。

観客投票において、48グループの得票数が有意に多かったことだ。ひとりあたりの平均では、日本勢が85.3票だったのに対し、韓国勢は59.1票と明確な差があった。

それは、ステージ上のパフォーマンスの質を考えると、首をかしげる数字でもある。実際、日本勢が多数を占めるグループが意外な勝利を見せたこともあり、韓国では議論にもなった。

この理由はふたつ考えられる。

ひとつは、会場に韓国の48グループのファンが多く詰めかけたことだ。実際、日本勢のネームプレートを持ったファンがけっこう目立っていた。逆に韓国勢は、そのほとんどがデビューしていない無名の存在だ。

そうなると、認知度ではやはり48グループのメンバーは有利となる。つまり、そもそも下駄を履いていた。

もうひとつは、48グループが本番に強かったことだ。はじめて多くの観客を前でパフォーマンスする韓国の練習生に対し、すでにステージに立っている日本勢は場慣れしている様子がうかがえた。

また、短いマイクアピールにおいてもファンに訴求する印象的なコメントを見せる者が目立った。このあたりは彼女たちの面目躍如といったところだろう。

こうしたことによって、48グループに多くの票が入る傾向が生じた可能性がある。

韓国勢の「逸材」

8つのグループバトルを終え、エピソード5で最初の順位発表がおこなわれた。ここで59位以下のメンバーは足切りされる。

デビュー圏内の12位までには、宮脇咲良(4位)、後藤萌咲(6位)、矢吹奈子(7位)、竹内美宥(11位)、本田仁美(12位)の5人が入った。順位を下げていった松井珠理奈は13位となり、このときも体調不良を理由に姿を見せず、後に降板することが正式発表された。

全体的には、58人中日本勢が22人(37.9%/松井珠理奈を含む)、韓国勢は36人(62.1%)となった。これは、最初の段階の比率(日本40.6%:韓国59.4%)と大きな差はない。そして59位以下の放出も発表された。そこには中野郁海(AKB48)や小田えりな(同)、松岡菜摘(HKT48)が含まれていた。

ここまで観てくると、韓国勢でも存在感のある参加者が印象に残るようになる。とくにトップ3に入ったイ・カウン、アン・ユジン、チャン・ウォニョンがそうだ。3人はこの後も安定して上位をキープしており、最終的にデビュー組に入る可能性はかなり高い。

なかでも14歳のチャン・ウォニョンは、まさに逸材と言っていいレベルだ。歌もラップもダンスもすべてのレベルが高く、しかも身長は168cmもありルックスもいい。K-POPでもここまで総合力が高いタイプはあまりいない。

そしてサバイバルは、いよいよここから激しくなる。

エピソード6からは、ボーカル&ラップとダンスのポジションに分かれて、個人評価のためのバトルが始まる。その結果によって27人が足切りされ、30人にまで絞られることとなる──。

つづきはこちら:『PRODUCE 48』が保守的な日本のアイドル像を破壊する可能性

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網