戻る


「どんどん顔が大きくなってる?!」小顔に見せるテクニック♪

「どんどん顔が大きくなってる?!」小顔に見せるテクニック♪

写真拡大 (全4枚)

「年々、顔が大きくなっているような気がする…」と感じた経験はありませんか?実は、年齢を重ねるごとにお顔が大きくなってしまうのには原因があるんです…!
そこで今回は原因と一緒に、小顔見せに効果的な即効性のあるメイクのテクニックをご紹介していきます。

顔が大きくなってしまう原因って?
出典:GODMake.

年齢を重ねると、たるみなどが原因でもともとのフェイスラインよりもお顔の輪郭が垂れ下がって見えて、お顔が大きく見えてしまうことがあるんです。まず最初に、お顔が大きく見えてしまう主な原因をご紹介していきます。

たるみ

加齢によってコラーゲンが減ってしまったり、お顔のハリが低下することでお顔が大きく見える原因に…。

むくみ

特に夏場などは水分を大量に摂取したり、リンパや労老廃物が滞って身体のめぐりが悪い状態のときに、お顔もむくんで大きく見えがちに…。

エラが張っている

歯の食いしばりや、お顔の筋肉のコリが原因でエラが張ってしまうこともお顔が大きく見えてしまう原因になります。

小顔に近付くためのメイクのテクニック
出典:GODMake.

お顔が大きく見えてしまう原因をおさえて対策するのはもちろんですが、すぐに効果が現れないケースも珍しくないはず。そこで、ここでは小顔に見えるメイクのテクニックについてご紹介!小顔見せに効果的なメイクを取り入れて、キュッと引き締まったお顔を目指しましょう!

ツヤ感とハイライト効果で小顔づくり

ほっぺの上の方にツヤ系のチークをハイライトとして入れることで、自然にお顔全体がリフトアップして見えるもの。ほっぺた全体がキュッと持ち上がって見えることで、小顔に見えるのです!

また、ツヤ感をしっかり感じるテクスチャーのチークを使えば、ほっぺの丸みが強調されて立体的な印象に仕上がります!ほっぺがリフトアップしつつ、前に出っ張って見えることで生まれる小顔効果を狙いましょう。

小顔に見えやすいチークの色を選んで小顔づくり

チークの入れ方も重要ですが、色選びも同じくらい大切なポイントです。膨張しにくく肌馴染みの良いチークを選べば、チークをのせるだけで小顔に近付くことも夢じゃありません。

特におすすめのカラーは、少しブラウンがかったテラコッタのようなオレンジチーク。日本人の肌に馴染みも良く、夏場の少し日焼けしたお肌にのせると健康的でヘルシーな雰囲気になれます。また、引き締め効果もあるので一石二鳥ですよね。

黒目の下よりもほんの少し内側に入るように、まあるくチークを入れていきましょう。チークはのせている範囲までが顔だと認識されやすいので、お顔の中心よりにピンポイントで入れることをおすすめします。

リップラインをしっかり描いて小顔づくり

ふっくらボリューミーな唇は色っぽくて素敵ですが、どうしても膨張して見えてしまったり、お顔全体の印象もぼやけて見えやすくなりがちに…。小顔づくりに効果的なリップの仕上げ方は、リップラインをしっかり縁どったシャープな唇。特に、上唇の山や口角などの角となる部分をスッキリと仕上げることで洗練された大人の風格も漂いますよ。

リップラインをすべてきっちり縁どってしまうとコンサバな印象になりやすいので、上唇の山と口角のみをスッキリ引き締めることで、適度な抜け感のある引き締まった口元に近付くことができます。

下唇の仕上げ方で小顔づくり

下唇のリップラインをお顔の輪郭やあごとそれぞれ平行に仕上げるように描くと、あご下の面積が狭まって見えるので一気に小顔見せに近付きます!下唇からあごや輪郭までの面積が狭いと、お顔の余白が少なく面長に見えにくくなるので、小顔効果に期待ができます!

小顔見せに効果的な方法を把握して憧れの小顔を手に入れよう!
出典:GODMake.

女性なら誰しも、小顔に憧れるものではないでしょうか。年齢を重ねるごとにどんどん顔が大きくなっているように感じている女性は、少なくありません。お顔が大きく見えてしまう原因をおさえながら、効果的なお顔のエクササイズやストレッチ、マッサージを試すことももちろん大切ですが、できれば即効性も感じられるととっても嬉しいですよね?!

今回ご紹介した小顔見せに効果的なメイク方法は、すぐにでもチャレンジできるような簡単なテクニックばかりです。いつものメイクにほんの少し工夫するだけなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

効果的なお手入れと一緒にメイクも少し見直して、理想の小顔を楽しみながら手に入れていきましょう!

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網