戻る


コツをつかめば簡単!メイクだけで整形級のぷっくり涙袋が作れる!

 コツをつかめば簡単!メイクだけで整形級のぷっくり涙袋が作れる!

写真拡大 (全5枚)

ここ数年大人気な涙袋♡ ヒアルロン酸を注入するプチ整形も大人気ですが、メイクだけで整形並みにぷっくり涙袋が作れちゃうんです!コツさえわかればやり方は簡単なので、ぜひいつものメイクに取り入れてみてください。

【詳細】他の記事はこちら

涙袋があるとなぜ可愛く見えるの?

涙袋がある人って目元がとっても可愛く見えますよね。

涙袋がないと頬の面積が広く見えて、全体的にのっぺりした印象になってしまいます。涙袋があることによって目元のボリュームが増えて目が大きく見えますし、パーツが大きく見えることで小顔効果もあります。

実際に涙袋のあるなしで顔の印象ががらっと変わるので、この後紹介するメイクにぜひトライしてみてください!

プチ整形でヒアルロン酸を注入する方法もありますが、不自然に膨らんで見えたり、たるみの原因となるので、まずはメイクから試してみてくださいね。

必要な道具はこれ!

涙袋を作るための必需品がパウダーアイブロウ!これさえあれば簡単綺麗に涙袋の影が作れちゃうんです。

パウダーアイブロウはグラデーションになるように3種類の茶色が揃っているので、色を使い分ければさらに立体的な涙袋を作ることが出来るんです。

パウダーアイブロウがない場合はブラウンのアイシャドウでもOK。グラデーションが作れるものがベストですが、単色の場合は色が濃すぎないものを選んでくださいね!

私のおすすめはダイソーのパウダーアイブロウです。プチプラなのに肌あれもなく、色合いも涙袋にぴったりなんです。

これだけでもぷっくりとした印象になるのですが、さらに涙袋を目立たせたいなら膨らんだ部分に薄いベージュのアイシャドウを乗せるのがおすすめです。

使いやすいのはスティック状のアイシャドウですが、もちろん通常のアイシャドウでも問題なし!

泣いた後のようなラブリーな目元になるピンクのアイシャドウもおすすめです。

詳しい作り方を伝授!

下の画像の番号の順に解説していきます!

 これが涙袋作成前の目です。

 まずは涙袋の影から作っていきます。笑って少しだけ涙袋が出る人はその線に沿って一番薄い色を全体に塗っていきます。まったく涙袋がない場合は不自然にならないように幅を取りすぎないように気をつけてください。いきなり濃い色を使うと不自然になってしまうので、馴染むように必ず薄い色から塗ってくださいね。

 次に塗った範囲を1:8:1として8の部分に真ん中の色を重ね塗りしていきます。目じりの下にも薄く影を作ってください。これで少し涙袋っぽくなってきました。

 最後に一番濃い色を薄く取って、黒目の下に塗ります。濃くならないように薄くグラデーションを作るのがポイントです。これで影の部分は完成です!
もし塗りすぎたかも?と思ったらパウダーファンデーションを細めの筆にとって重ねれば、修整も可能なので心配しなくてもOKです。

 完成した涙袋のぷっくり部分に明るいアイシャドウをのせていきます。色は肌なじみの良いベージュやピンクがおすすめです。白は顔から浮いてしまい不自然なので避けてください。ラメ入りなら一気に華やかなお顔になれちゃいます!

 完成!涙袋がほとんどない状態からぷっくりした涙袋が出来ました!!

ビフォーアフターでこんなにも違うんです!意外と簡単に作れちゃう涙袋メイクにぜひトライしてみてください♡

「#整形メイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■うるうる瞳で目元の美人度アップ♡大人な涙袋をつくる方法
■下瞼でデカ目効果も狙える♡ここまで印象チェンジ!のメイクテク
■3つのポイントで別人級に変わる!下まぶたで魅せる美人メイク術
■大人可愛い色気は「下まぶた」がポイント!簡単色っぽメイク術
■うるうる涙袋も作れる♡キャンドゥのカラークレヨンが超絶コスパ

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網