戻る


トヨタが48年間"安全祈願"を続けるワケ

聖光寺の夏季大祭でトヨタ役員ら(左端から早川副会長、豊田社長、女性をはさんで4人目が内山田会長)に法話をする松久保秀胤住職(撮影=安井孝之)

写真拡大

長野県茅野市の聖光寺に今年もトヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長、豊田章男社長らトヨタ役員らがやってきた。交通安全祈願の夏季大祭に1970年以来、欠かさず参加しているという。「100年に一度の大変革」といわれる世界の自動車業界は最先端のデジタル技術の闘いの真っただ中。「伝統儀式」を愚直に続ける意味はどこにあるのだろうか――。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網