戻る


スマホのバッテリー膨張は危険度MAX! まだ動くから放置は絶対NG 正しい対処法とは

スマホのバッテリー膨張は危険度MAX! まだ動くから放置は絶対NG 正しい対処法とは

写真拡大 (全2枚)

スマートフォン(スマホ)やノートパソコンの内蔵バッテリーが「膨張」した。
そんな話を聞いたり、経験したりした人もいるだろう。

ただ、まだ普通に動作しているし、
「少しくらい膨らんでも大丈夫だろう」と、
放置してはいないだろうか?

実は、このバッテリー「膨張」は、
スマホやノートPCなど、バッテリーを内蔵する機器のトラブルの中でも最大級に深刻な問題なのだ。
このことを認識している人は意外に少ない。

バッテリー「膨張」は、さまざまな要因で発生する。
・バッテリーの劣化
・落下などバッテリーへの衝撃
・充電機器の不具合による過充電
など、同じ製造ロットのバッテリーでも、利用状況によって膨張することもあれば、膨張しないこともある。

しかし、問題は膨張する原因よりも、膨張したことによって利用者に降りかかるトラブル・事故による被害のほうが遙かに大きな問題なのだ。

例えば、バッテリーが膨張すると、
・圧力で内部の基盤が損傷
・内部の部品が損傷
・異常な発熱
・発火や爆発
といった故障や事故が発生する。

特に重大なのは、バッテリーの「発火」や「爆発」といった可能性が高まることだ。
万が一、
・無人の自宅で発火や爆発すれば、火事となり家財の破損から家屋の延焼にもなる。
・使用中に発火や爆発すれば、ケガや命にも関わる事態ともなる。
このように重大な事故になる危険性もあることを認識しておきたい。

そのため、バッテリーが少しでも膨張していると気付いたら、即座に対応することが重要になってくる。

こうしたバッテリー膨張の問題は、ガラケーやフィーチャーフォンと呼ばれる携帯電話の時代からあった。また、当時の携帯電話は、ユーザー自身でバッテリーを交換できるため、膨張したら新しいバッテリーを購入して交換することで未然に事故を防げていた。

スマートフォン(スマホ)時代においても、ユーザー自身でバッテリー交換できる機種であれば、新しいバッテリーに交換すれば問題はない。


現在のスマートフォンは、携帯電話のころよりもバッテリー容量は各段に大きくなり、急速充電にも対応しており、バッテリー事故の危険度は大きくなっている。

さらに、アップル製のiPhoneをはじめ、Androidスマートフォンなど、ほとんどの機種が内蔵バッテリー式となってきており。ユーザー自身で交換することはできない。

このためバッテリーが「膨張」してしまった場合に、
どう対処すればいいのか? 戸惑い、放置してしまうケースもある。

これが一番、危ないのだ。

もしバッテリーが膨張したとわかった場合、
必ず、
・購入キャリアのサポート(窓口)
・端末メーカーのサポート
に連絡し、修理に出す必要がある。

NTTドコモや、au、ソフトバンクなど、大手通信キャリアで購入したスマートフォンは、
それぞれのショップに持ち込み、修理扱いで交換すればよい。

iPhoneの場合は、
アップルストアに持ち込むか、アップルサポートに問い合わせをして修理の対応を確認しよう。


iPhoneのバッテリーが膨張した状態


では、
・大手通信キャリア端末
・iPhone
以外のSIMフリーのスマホの場合はどうだろうか?

実は、最近は、SIMフリースマホメーカーも、こうした事態に対応できるようにサポート体制を強化されているのだ。
メーカーによって、対応は違うが、下記のような対応が用意されている・
・メーカーのサポートセンターにメールや電話で連絡
 交換や修理対応を依頼
 指示に従い、修理に出す

修理の対応についても、
・メーカーの集荷で配送修理にも対応
・持ち込める対応店舗がある場合は、持ち込み修理も可能
など、対応をしっかりするメーカーが増えているのだ。

たとえば、SIMフリー市場の国内シェアNo.1のファーウェイの場合は、
・東京 銀座
・大阪 梅田
ここに実店舗の「カスタマーサービスセンター」がある。

ファーウェイのカスタマーサービスセンターでは、
・持込修理に対応しており、部品があれば即日修理の受付も可能となっている。

実際にバッテリーが膨張した機種を「ファーウェイ・カスタマーサービスセンター 銀座店」に持って行った際の対応は、
・平日持ち込みであれば、2時間ほどで修理が完了
・保証期間なら無償
その他の場合は、症状により有償、無償が異なるが、検査などで確認、説明の上、修理を受け付けてくれる。

また、バッテリー膨張のように緊急かつ重大なトラブルの場合、
メーカーによっては、保証期間外であっても異常故障として無料対応してくれる場合もあるようだ。そこは各メーカーによるので問い合わせ時に確認しよう。

SIMフリーモデルといっても、サポートセンターを用意しているメーカーは修理対応がスムーズだといえるだろう。
最近はファーウェイのようにサポート体制の充実化を図っているメーカーが増えてきているので、まずはサポート窓口に連絡することが大事だ。


バッテリーの「膨張」は、
「本体が動作しているから大丈夫」と判断をして放置して使い続けることが一番危険なのだ。

スマホのバッテリーが膨張した?
と、感じたなら、すぐにメーカーに相談するようにしよう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網