戻る


“赤坂自民亭”で安倍首相が若手議員に地方行脚を売り込み

赤坂自民亭は物議を醸した(西村官房副長官のツイッターより。現在は削除済み)

写真拡大

 西日本豪雨の夜に衆院赤坂宿舎で酒盛りが行なわれていたことで猛烈な批判を浴びた「赤坂自民亭」の宴席(7月5日)には、報じられていない「続編」がある。

 問題の宴席には、“亭主役”の竹下亘・自民党総務会長、“女将役”の上川陽子・法相ら常連の他に、ゲストとして安倍晋三首相、岸田文雄・政調会長、小野寺五典・防衛相らが顔を出し、自民党議員約50人が参加した。宴がはねた後、首相は記者団に「和気あいあいだったよ」の言葉を残して上機嫌で私邸に戻ったが、自民党幹部たちは夜の町へと“二次会”に繰り出していたのだ。自民党ベテランが語る。

「赤坂宿舎での宴会の後、竹下さんや岸田さんたちは細田派や二階派など主流派の幹部が開いていた別の会合に合流して飲んでいた」

 各派が9月の自民党総裁選に向けた情報収集と腹の探り合いを行なっていた席に、「安倍3選」のキーマンとして注目されている竹下、岸田両氏が加わったのだから話は生臭くなる。

 そこで話題になったのが赤坂自民亭での安倍首相の様子だったという。

「安倍総理は宿舎の宴会で、『全国どこにでも行くから、演説会や懇親会をセットしてくれ』と若手議員たちに総裁選に向けた地方行脚を自らセールスしていたそうだ。幹部の1人がそのことを紹介すると、別の幹部は『安倍さんはもう総裁選しか眼中にないよな。まだ国会も終わっていないのに』と苦笑していた」(同前)

 日本上空に厚い暗雲が垂れ込める中、首相の眼中だけでなく、自民党幹部たちも、「総裁選」しか頭になかったことがよくわかる。

 豪雨で死者・安否不明者が200人を超える甚大な被害が出て宴会批判が高まると、党内からは「目くじらたてて大騒ぎするほどのことではない」(二階俊博・幹事長)と擁護する声があがった。だが、宴会主催者の竹下氏が「正直、これだけすごい災害になるとは予想しなかった」と見通しの甘さを認め、宴会について、「どのような非難も受ける」と謝罪したのだから何をか言わんやである。

 豪雨被害で安倍首相の総裁3選に向けたスケジュールにも狂いが出た。自民党総裁選は9月7日告示、同20日投開票で行なわれる見通しだ。党員投票も実施される。

 首相は7月22日の通常国会閉会の記者会見で出馬表明を行なうと見られていたが、宴席問題で批判を浴びると、「総裁選より災害対応」をアピールするために出馬表明を8月下旬に延期する方針と報じられている。

※週刊ポスト2018年8月3日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網