戻る


79歳千葉真一「車は体の一部。免許返納は考えたこともない」

千葉真一が生涯運転宣言

写真拡大

 日々の生活の足となり、仕事道具となるなど、長い年月を車とともに過ごしてきた高齢ドライバーが、運転をやめたり免許返納を迫られている。そんな社会の流れに従う人、抗う人はどんな感情を抱いているのだろうか。俳優・千葉真一(79)に聞いた。

 * * *
 死ぬまで車に乗るつもりだから、返納なんて考えたこともないですね。僕が俳優としてデビューしたのが20歳の時です。2年後に念願の免許を取って以降、何十台と乗り継いできたけど飽きたことは一度もない。

 この写真を見てください。昔、出演した刑事ドラマで車と一緒に海に飛び込むというシーンです。メチャクチャでしょ?(笑い)

 失敗したら死ぬ。カーアクションは文字通り命がけで、車と僕の関係は昔から密接だった。常に車は僕の生活の一部、いや体の一部でした。今だって週5日、ジョギング以外は車に乗っていますよ。ま、住んでるところがバスも来ない千葉の山奥だからっていうのもありますけどね(笑い)。

 愛車はレクサスのスポーツカータイプとミニクーパー。満足しているけど僕には乗りたい車がまだ何台もあるんですよ。いま一番欲しいのがベンツのクラシックタイプの特注カー。推定7億円といわれる代物で、自分でも現実に乗れる日は来ない“夢物語”と思う時もある。それでも“いつか乗ってやる”と思うことで活力が湧いてくるんです。

 僕はクラシックカーが特に好きで、30代の時に乗ってた英国製モーガンは今も忘れられない愛車のひとつです。当時、撮影所で一緒だった故・高倉健さんが僕のモーガンを見て「お前、車が好きなのか」って声を掛けてくれたんです。嬉しかったな。

 本当に好きなものって、そこにあるだけで人を幸せにするんですよ。だから車の魅力って聞かれても「ただ乗ってるだけで幸せな気分になれるから」としか答えようがありませんでした。クラシックのオープンカーなんて、普通の人なら冬は寒くて乗れたもんじゃないと言うでしょうけど、僕はいつも、マフラーを巻いて顔面を寒さに引きつらせながらニヤケ顔でハンドルを握っていましたね(笑い)。

 ただ、歳を取ると肉体も感覚も衰えてくるのはどうしようもないことです。車の運転で一番大事なのは反射神経だと思っていますけど、アクション俳優として長く訓練を積んできた僕でも、最近は鈍ってきたと感じます。

 だから今は常に自分を戒めながら運転しているんです。ハンドルを握る時に「昔と違うぞ。慢心するな」と自らに活を入れ、交差点に入れば「はい、左を見て。右を見て」と呟きます。

 老いを自覚し、自分の体の状態を客観的に把握することです。気持ち良く運転するためには健康な心身が欠かせないから、僕は鍛錬を欠かさず体に気を遣っている。もちろん生涯、車に乗り続けるためにです(笑い)。

◆撮影:ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網