戻る


中国空軍が夜間訓練、システム作戦能力を鍛える―中国メディア

中国空軍はこのほど多兵種・機種の夜間実戦的対抗訓練を実施し、システム作戦能力を鍛えた。

写真拡大

中国空軍はこのほど多兵種・機種の夜間実戦的対抗訓練を実施し、システム作戦能力を鍛えた。新華社が伝えた。

環境が複雑で視程の悪い夜間訓練は、パイロットと指揮官に大きな困難をもたらすうえ、対抗攻撃の実施はさらに困難だ。パイロットには高い飛行技術と協同意識に加え、合理的な戦術・戦法を把握し、用いることが求められる。

空軍にとって多兵種・機種の夜間訓練はすでに実戦的訓練の常態となっている。今年に入り、空軍の新たな軍事訓練法規に基づき、殲?20、殲?16、殲?10C戦闘機は夜間訓練で新しい質の戦力を高め続け、轟?6K爆撃機は夜間に緊急出動し、大型航空機編隊による長距離夜間機動訓練を立て続けに実施し、部隊の全天候型長距離作戦能力を検証した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網