戻る


みさき公園・逃走のミーアキャット「園内にいる可能性高い」

[写真]みさき公園のミーアキャットたち。行方不明のシオンの家族でもある=20日午後6時ごろ、大阪府岬町で(撮影:岡本ゆか)

写真拡大 (全4枚)

見つけたらすぐに職員に知らせてほしい

 見つけたら捕まえようとせず園に連絡を──。大阪府岬町の遊園地と動物園を併設するレジャー施設「みさき公園」(真貝征志郎園長)は17日から行方がわからなくなっているメスのミーアキャットの捜索を職員らで行っているが、20日午後7時現在も見つかっていない。同園関係者は「巣(獣舎)から離れて行動しないため園内にいる可能性が高く、見つけたらすぐに職員に知らせてほしい」と話している。

17、19両日の夕方に獣舎近くで姿を確認

 同園によると、17日午後12時半ごろ、飼育スタッフの男性がエサをあげようと獣舎の扉をあけたところ、1頭が飛び出して側溝へ逃走。その後、一度発見したが捕まえることができず、見失ってしまった。

 同園ではすぐに泉南署や岬町役場など関係先へ連絡すると同時に、職員らが捜索にあたった。17、19両日の夕方に獣舎から北西へ約100メートルの地点で姿が確認されたが、いずれも捕獲することはできなかった。

 逃げたミーアキャットは生後11か月のメスで灰褐色。体長は25〜30センチで、体重は約800グラムで、名前は「シオン」という。20日夕方も引き続き捜索は行われ、日中は在阪テレビ局なども取材に来て、お昼の情報番組では中継でも報じられていた。

扉を開けて外へ突然飛び出した

 捜索を続ける同園動物グループマネジャーの堀内成浩さんは、シオンが逃げた際の様子を詳しく話してくれた。

 シオンは家族8頭と暮らしている。毎日、朝・昼・晩とエサをあげており、17日も朝は変わった様子はなかった。しかし、昼のエサをあげようと扉を開けた瞬間、突然外へ飛び出した。対応した職員によると、普段はそういうことがなかったという。
 
 ミーアキャットは、巣から離れず行動するため「園内にいる可能性が高い」と堀内さん。筆者が「エサがないなら自分で生きていけないのでは?」と聞くと「自分でエサを捕れないわけではない。たまに、その辺にいるミミズとかをあげても、喜んで食べますからね。エサは近辺の林だけでも豊富にあると思うので、捕まえて食べると思います」と答えた。

馬肉を入れた捕獲用オリを側溝などに設置

動画URL:https://www.facebook.com/osaka.thepage.jp/videos/1109070275899409/
 また、堀内さんは「ミーアキャットは攻撃的ではありませんので、なにもしてないのに襲ってくることはありません。ただ、無理に捕まえようとすると、反抗して大ケガにつながる可能性があります。犬歯はするどいので。もし園内で見かけたら近くの職員、事務所にすぐに知らせて頂ければと思います」と話し、再び捜索活動を行っていた。

 同園では、普段シオンの飼育を担当している「顔なじみ」の職員を中心に、20日も日中や夕方に大きな網などを手に捜索を行った。溝にシオンが好物の馬肉を入れた捕獲用のオリを複数設置。シオンが住む獣舎の土を各所において、獣舎へ帰るのを促している。ミーアキャットは昼行性のため、暗くなると、あまり動きはないとして20日は午後7時前で捜索は打ち切られた。

シオンを刺激しないよう、大人数での捜索は避ける

 堀内さんは「きょうは痕跡がまったく見つかりませんでした。あす(21日)以降も引き続き捜索します。あまり大人数で探すとシオンの警戒心が高まるので、刺激しないようバランスをとりながら探します」と話していた。

 同園広報担当者によると、同園には「暑いので行方不明のミーアキャットを早く見つかるといいですね」といった激励の電話が何本か入っていたという。同園では2014年8月にもカワウソ1頭が逃げ出し、2か月後に園内で発見されたこともあった。

 同園の真貝園長は「このたびはご迷惑をおかけしております。元々群れで行動する動物なので、シオンも獣舎に帰りたいと思います。引き続き捜索活動を続けます」と話していた。

 目撃情報の連絡先は同園事務所(電・072-492-1005)まで。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.327442999999995&lon=135.16149349999998&z=15

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網