戻る


ジャニーズ、コーポレートサイト公開の意図――「普通の会社アピール」「違和感ある」の声も

ジャニーズファミリークラブより

写真拡大

 ジャニーズ事務所が7月10日、コーポレートサイトを公開した。ファンの間では大きな話題になっているのに対し、「マスコミや業界関係者にはあまり知られていない」というが、突然のサイトオープンには、一体どんな意図があるのだろうか。

「同サイトには、インフォメーションや問い合わせフォームのほか、会社概要や沿革なども記載されています。ジャニー喜多川社長による『ごあいさつ』のページもあり、そこには創業以来の感謝と、『そして今、「エンタテインメントを通じて世界中の皆さまに幸せをお届けする」という、創業当初からの目標でもありました、新たなステージに挑戦する時だと考えております』といった指針も示されています」(テレビ局関係者)

 またサイトでは、新たなジャニーズのロゴマークが公開され、「ロゴに込めた想い」も明かされている。なんでも「ジャニーズ事務所とグループ会社のロゴマークを統一させることで、『オールジャニーズ』としてグループ全体が一つになり、同じ方向を向いて前に進むための道標になる」といった意図があるそうだ。

「さらに、今まで非公開だった『社内組織図』まで、正式に公開されています。コーポレートサイトとしてはよくあるコンテンツばかりですが、これまで芸能事務所の中でも閉鎖的で独自路線をひた走ってきたジャニーズだけに、逆に違和感を覚える人も少なくないのでは。ここに来て事務所側が、“ジャニーズ事務所は普通の会社です”とアピールしているようにも感じます」(同)

 すでにファンの間では同サイトに注目が集まっており、「いつの間にこんなの公開してたの!?」「これまで運営に関してはほぼ非公開だったのに」と驚きの声がネット上を飛び交っている。また一部では、「このところスキャンダルが続いてるし、いろいろと仕切り直そうという意味もあって、このサイトを作ったのかな」「組織図の中に『コンプライアンス室』がある。企業体質の健全化をアピールしたかったのかも」などと受け止められているようだ。

 そんなコーポレートサイトだが、そもそも同サイトの存在自体、マスコミはおろかジャニーズのグループ会社社員にも、あまり知られていないのが実情。ただ一部業界関係者の間で、ひそかに「ジャニーズで何かあったのだろうかとウワサされていたんです」(芸能プロ関係者)という。

「実は最近、ジャニーズ事務所の名刺デザインが変わったんです。以前はメタリック加工されたシルバーのものでしたが、白い名刺になり、ロゴも新しいものに変更されています。以前のものはインパクト大の派手なデザインでしたが、新しい名刺は堅実な印象を受けますね。今年はジャニーズ所属タレントの不祥事が相次いでいますが、内部では藤島ジュリー景子副社長が主導権を握るようになっているそうですし、名刺やコーポレートサイトの件も、改革の一環でしょうか」(同)

 改革や世代交代が順調に進み、不祥事続きのジャニーズに、平穏が訪れることを期待したいところだが……。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網