戻る


俺にそのネタを振られても…実は男性を困らせている話題5パターン

俺にそのネタを振られても…実は男性を困らせている話題5パターン

写真拡大

自分としては「ちょっとした世間話」のつもりでも、相手をウンザリさせることが続いてしまうと、「この子、面倒だな…」と苦手意識を抱かれかねません。気になるカレに敬遠されたくなければ、「男性を困らせてしまう話題」を覚えておいたほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「俺にそのネタを振られても…実は男性を困らせている話題」をご紹介します。

【1】「見て見て!新しいバッグ買ったんだー」など、ファッションの話題
「『俺、そういうのよくわかんないし』とも言えず辛いです」(20代男性)というように、実は相手にはピンときていないファッションの話題で困らせているパターンです。「ふーん、そうなんだ。いいね」以上のリアクションがない場合は、相手にそれ以上会話を続ける意思がないので、早々に切り上げたほうがいいでしょう。

【2】「モデルの○○が婚約したらしいよ!」など、芸能ゴシップの話題
「『だから何?』と返したくなるレベルで興味なし。そういう話は女子同士でお願いしたい」(10代男性)というように、男性にとって関心の薄い芸能ゴシップの話題で困らせているパターンです。たとえ興味があったとしても、この手のニュースで盛り上がるのは恥ずかしいと考えている可能性があるので、男性に振るには不向きなネタかもしれません。

【3】「わたしの好きなタイプを当ててみて!」など、質問者自身に関する話題
「特に気にしたこともない女の子のパーソナルな情報なんて…。外しすぎても失礼なので困ります」(20代男性)というように、自分ありきの話題で困らせているパターンです。当ててもらうのではなく、お互いに自分の情報を開示し合うのであれば会話のキャッチボールが成立するので、「好きなタイプってどんな子?」と質問してみてはいかがでしょうか。

【4】「○○ちゃんの彼氏の友達がテレビに出たんだって!」など、知らない人の話題
「誰かに話したくて仕方がない!って気持ちは理解しますが、その人を知らないことには何もコメントできません」(10代男性)というように、相手にとっては面識がない人の話題で困らせているパターンです。よほどの話術がない限り、「知らない人」のエピソードで興味を持ってもらうのは難しいので、やめておくのが無難でしょう。

【5】「エッチのときはどこを触られると感じるの?」など、シモの話題
「どういう答えが正解なのかわからないし、そんなことを聞いてどうするのかと思います」(20代男性)というように、人によっては嫌悪感さえ抱きかねないシモの話題で困らせてしまうパターンです。逆にものすごい勢いで食いつかれてもこちらが対応に苦慮してしまうので、安易な気持ちで下ネタを持ち出すべきではないでしょう。

人によって気の進まない話題はさまざまなので、相手の反応次第で柔軟に対応できるといいでしょう。(紺野竜平)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網