戻る


絶対に付き合ってはいけない! 典型的ダメ男パターン5つ

素敵な恋愛をしたいと心底願ってどんなにルックスを磨き、女子力を高めても、肝心の相手選びを間違えってしまっては元も子もありません。いい恋愛をしたいならそれに相応しい人を選びましょう。今回は、一見どんなに条件が良さそうでも、付き合ってはいけない典型的ダメ男をまとめてみました!

典型的ダメ男パターン5つ

1. はっきり言って自分以外興味のない“自己チュー”男

デートも会話も何もかもまず初めに“自分ありき”な自己中心的な男や、相手のことをまるで考えないで自分のペースで付き合って自己満足しているような男は、付き合っていても時間のムダ! どんなにスペックが高くても、愛情はまったく感じられず、幸せな気持ちも愛されている実感も得られなくて空しくなるだけです。

2. 自分の都合のいい時しか会おうとしない“身勝手”男

恋愛を軽いものとしか考えていない男ほど、いざとなると連絡をしてこなかったり、急に態度が変わったりするもの。デートするのはいつも彼から連絡がある時だけで、こちらからの連絡にはなかなか答えてくれないし、会いたいと言ってもやんわりお断り。結局このタイプは浮気している可能性が大いに高いし、付き合っても決して自分のすべてを見せてくれようとはしないでしょう。

3. 決して自分からお金を払おうとせず、経済的にアテにしてくる“ヒモ”男

今のご時世いろんな事情のある人がいると思いますが、最初から彼女に金銭的に頼ろうとするような男は要注意! お金にはその人の価値観が反映されているといいます。
もし彼女にお金を依存しようというなら、きっと他のことについても無責任で逃げ腰でしょう。頼られることに最初はうれしさを感じるかもしれませんが、その甘い感情に流されてはダメ。深入りして大事なお金をつぎ込む前に自分から別れを切り出したほうが良さそうです。

4. 自分の感情を表現するのが苦手で何を考えているか分からない“ムッツリ”男

“コミュ障”というほどではないけれど、感情表現が苦手で何を考えているのか分からない男。“無口でクールな彼”と最初のうちはそれもカッコよく思えますが、恋人なのに心の通ったコミュニケーションができないと感じるのはつらいものです。
彼に悪気はなくても、心が折れそうなのでお付き合いしても幸せになれそうもありません。

5. 自分から好意を見せておきながら、いつのまにかフェードアウトする“ゴースト”男

彼のほうからアプローチしてきたので、てっきり自分のことが好きなのかと思い、心のガードを緩めたら、急に連絡頻度が減ってくるのがお決まりのパターン。「ごめんね」の一言もなく、自然消滅しようというのが彼らの姑息な狙いです。
ほとんどの場合、原因は女子側にあるのではなく、いざとなると腰が引けて自信が無くなる彼ら自身にあるのです。いつのまにかひっそりと消え去ってゆく“ゴースト”男に振り回されたくはないですね。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網