戻る


巨人2軍 “泥棒選手” の大罪! 恩師は絶句、初任給を寄付した青年の面影なし

神奈川県警多摩署から送検される際には報道陣をにらみつけるような表情も=10日

写真拡大

 2、3軍の選手が本拠とする神奈川県川崎市の読売ジャイアンツ球場で、若い女性ファンは、

【写真】震災で浸水した石巻工のグラウンド

「野球を続けてほしい気持ちはあるけど……無理だと思う」

 と涙ぐんだ。

手グセが悪い「ルパン」

 ファンを泣かせる愚行で7日に球団をクビになり、翌8日に窃盗の疑いで神奈川県警多摩署に逮捕されたのは、元巨人軍2軍の柿澤貴裕容疑者(23)。今年5月2日から6月21日にかけて、同球場の選手ロッカー室で12回にわたって盗みを働いた疑い。防犯カメラに犯行が映っていた。

 盗んだ品数はハンパない。

 1軍の阿部慎之助内野手(39)や坂本勇人内野手(29)らのバット約40本、菅野智之投手(28)らのグローブ約20点、陽岱鋼外野手(31)らのスパイク、ほかにユニフォーム約30着など計約110点を中古ブランド品買い取り専門店に売り飛ばし、約100万円を稼いだ。快足の選手からはスパイクを盗むなど野球の知識を悪用したフシがある。

 捜査関係者によると、「生活費に困っていた」と容疑を認め、取り調べには素直に応じているという。

「ロッカー室は関係者以外、立ち入ることのできないエリアにありますが、入り口は施錠されていませんでした」(読売巨人軍広報部)

 まさか身内が泥棒をするとは思わないから、カギをかけなかったということだろう。しかし一部ではかねて容疑者の盗癖はウワサされていた。

「高校卒業と同時に楽天からドラフト6位指名で入団したんですが、手癖が悪く、球団関係者の間では“なんであんなやつをとったんだ!”と憤る声も上がっていたみたいです」(スポーツ紙記者)

『ルパン』とあだ名がつけられていたことも報じられているが、全国紙運動部記者は半ばあきれぎみに語る。

ショックを受ける恩師

「バカすぎる、って話しています。人気球団の名だたるスター選手の道具を転売したわりには“売り上げ”も少なすぎる。熱心なファンにこっそり売りつけるのではなく、最終的に不特定多数に販売される店を選んだ理由がわからない」

 柿澤容疑者は東京・葛飾区の出身。野球を始めたのは小学1年のころで、地元の軟式野球チームに所属していた。

 中学からは鹿児島県の野球強豪校、神村学園に進学。甲子園に春夏合わせて3回出場し、3年の夏はピッチャーで4番打者もつとめチームのベスト16進出に大きく貢献した。

 高校卒業後、楽天に入団し、外野手に転向。2016年オフにトレードで巨人に移籍した。推定年俸は500万円。楽天、巨人を通じて1軍でのプレー経験はなかった。

 前出・スポーツ紙記者は、

「楽天時代から消費者金融に借金を重ねていました。趣味は車。高級外車の維持に金がかかり、今年結婚して家賃、飲食費と出費がかさんでいたようです」と話す。

 前出・全国紙運動部記者は、

「プロは1軍で活躍しなければ意味がないので野球に打ち込むしかないんです。高級外車を乗り回して喜んでいる場合ではない」とプロ意識の低さを指摘した。

 容疑者を知る少年野球の関係者を訪ねると、「素晴らしい選手だったので信じられない」(対戦チームのスタッフ)などと一様に絶句していた。

 神村学園高等部で指導した山本常夫監督(現在は別の私立高の部長)に取材を申し込むと、「山本さんは大きなショックを受けており、気持ちの整理がつかないと話しております」(学校関係者)と本人が出てくることすらなかった。

 プロになる夢を叶えて何が変わったのか。入団当初はまっとうにお金を使っていた。

 柿澤容疑者は救援投手として'12年春のセンバツ甲子園で被災地・宮城の県立石巻工業高校と対戦し、相手打線を封じて勝利を収めた。

初任給の使い道

 最後まであきらめない石巻工ナインの姿勢に胸を打たれ、'13年にプロ初任給の月額50万円を全額、同校に寄付することを決めた。0円生活を送ることについて柿澤容疑者は「2月にはキャンプにも行くし使うことないです」と笑ったという。

 これに感激したのが、石巻工を甲子園に導いた松本嘉次監督(現在は別の公立高の監督)だった。『週刊女性』記者が'13年2月に被災地取材で訪ねたとき、うれしそうに次のような話をしてくれた。

「新聞記者から電話が来て“柿澤選手が初任給を石巻工に送りたいと言っている”というんですよ。のし袋に入った給料が送られてきて、表書きを見たら『感謝』と書いてあった。18歳でフツーそんなことできる? ほかにも感謝したい人はいっぱいいるだろうに、なんていうか、もったいなくて手をつけたくない。正直使いたくない」

 同校のグラウンドは震災で水浸しになり、監督、選手らで黙々と再整備して甲子園出場をつかんだ。口に出せない苦労も多かったはずだが、復興支援の恩返しのためにも全力でプレーし、その気持ちは対戦校の選手にも伝わった。柿澤容疑者の寄付のエピソードはその象徴だった。

 事件を受けてどのような思いを抱いているのか、気が重かったが、コメントをもらうために松本監督に電話した。

「私も心情的に結構ショックを受けていますので、ご勘弁ください」

 受話器の向こうの困ったような表情が目に浮かんだ。

 松本監督は'13年の取材時にはこんなことを言っていた。

「柿澤選手が1軍に上がったら、みんなで応援に行きますよ。早くその日が来るよう楽しみにしています」

 石巻工関係者が打ち明ける。

「柿澤選手が楽天の2軍時代、松本監督は個人的に何度も球場に足を運び柿澤選手の活躍を見守っていた。当時の石巻工ナインやほかのOBも同じ。試合で柿澤選手が打つと飛び上がって喜んでいた」

 寄付金は同校グラウンド入り口の「甲子園出場記念碑」の建立費に充てられた。罪を償い、どんなにつらくても人生をやり直すことをあきらめないでほしい。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網