戻る


環境の改善を求めた世界のAmazon労働者、プライムデーにストライキを決行する

Image: Sundry Photography/Shutterstock.com

私たちのプライムデーを支えている人たちに感謝せねば。

今日の夜中まで、Amazon(アマゾン)は世界的にプライムメンバー限定でアイテムを大放出するプライムデーセールを行なっていますが、同時にヨーロッパでは倉庫労働者が労働環境改善を求めてストライキを決行しています。

今や生活に欠かせないAmazonですが、その労働環境の劣悪さは幾度となくメディアに取りあげられてきました。ブラック企業もひれ伏すレベルの真っ黒さで、倉庫で働く人も、配達のトラックドライバーもトイレ休憩することすらままならずにペットボトルにおしっこしている人が続出しているそう。しかも、アメリカではAmazon社員にも関わらず政府の生活補助を受けてフードスタンプで暮らしている人も少なくありません。

そんなアマゾンで、労働環境改善を求めてストライキを起こしているのはドイツ 、スペイン、ポーランドなどの労働者たち。ドイツはプライムデーに合わせて1日限定、スペインは3日間、ポーランドは段階的に継続して行なわれています。

Reutersによると、ドイツの労働組合(Verdi Services Union)の最高幹部ステファン・ナッツェンベルガーさんは、次のように主張しています。

メッセージは明白です。このオンラインの巨人が金持ちになっていくいっぽうで、労働者の健康にかけるお金は節約されているのです

またReutersでは、ドイツでストライキに参加している労働者は1万2000人で、プライムデーに影響はないだろうとののAmazonの発表が。消費者を安心させるための発言だとは思いますが、この「配達に影響はないだろう」発言はストライキをしている側の感情を逆撫ですることになりそう。

また、Bloombergによると、Amazonの最高経営責任者であるジェフ・ベゾスCEOは今年のプライムデーの成功を受けて史上初めて総資産1500億ドル(約17兆円)を突破。世界で最も裕福な人物となりました。そんな超お金持ちの企業で働く人たちがペットボトルトイレの環境で働いているだなんて、なんて皮肉でしょうか…。Amazon利用者である私までなんか複雑な気分になってくるではありませんか。

このストライキは日本では起こっていないので日本国内の買い物に支障はありません。でも、海の向こうとはいえリアルタイムで戦っている人たちがいると思うと、気持ち的にポチッとしにくくなる、かも。


Image: Sundry Photography/Shutterstock.com
Source: Reuters, Bloomberg, Gizmodo US

(中川真知子)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網