戻る


日本沈めたカウンターが「W杯ベストゴール」 米放送局が169得点中のNO1ゴールに選出

日本―ベルギー戦の決勝点となった超速カウンターを米放送局「CBS」は今大会のベストゴールに選出【写真:Getty Images】

写真拡大

米放送局が今大会ベストゴールに日本戦のベルギー超速カウンターを選出

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は、フランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を下ろした。米メディアは今大会のベストゴールを5本選出。1位は日本を沈めたベルギーの「9.35秒」の超速カウンターだった。

 今大会64試合で生まれた合計169得点は、1998年大会、前回大会の171得点に続くゴールラッシュ。その中から、米放送局「CBS」は今大会のベストゴール5選を紹介している。

 1位に輝いたのが、決勝トーナメント1回戦、日本―ベルギー戦の決勝点となった超速カウンターだった。同局はこう寸評をつけて、鮮やかなゴールを振り返っている。

「ナセル・シャドリ、ではなく、日本戦でのベルギーにチームゴール」

「チームゴールには、ビルドアップ、タイミング、チームワーク、決定力といった要素も絡む。ピッチ上での連携や、選手たちによる真の素晴らしさが一つのゴールに結実するからこそ、チームゴールは一見の価値がある」

 日本の希望を奪った後半アディショナルタイムの一撃が1位だった。MF本田のCKをキャッチしたGKクルトワから始まった電撃のカウンター。MFデブライネに繋ぐと、そこからセンターサークル付近まで持ち上がり、空いた右サイドのスペースに走り込んだDFムニエへパス。最後はゴール前へ送ったクロスをFWルカクがスルーし、スライディングしたDF昌子の手前でMFシャドリが合わせ、ゴールネットを揺らした。

「天下一品であり、完璧な仕上げ」と絶賛

「決勝点は天下一品であり、完璧な仕上げであった。ベルギーによる必殺のカウンターアタックは最高のものであった。ルカクがゴール前での完璧な動きでディフェンダーをひきつけ、彼こそが点を決めると思ったところから、囮となりシャドリのゴールをお膳立てした」

 こうゴールシーンを振り返り、「2018年ワールドカップでのベストゴール」と称賛。「目の覚めるようなチームとしての努力が、ベルギーの躍進を支えた」と同国史上最高となる3位に入ったチームのお家芸となったことを強調していた。

【CBSが選んだトップ5ゴール】

5位:準々決勝クロアチア戦、デニス・チェリシェフ(ロシア)
4位:決勝T1回戦アルゼンチン戦、ベンジャマン・パヴァール(フランス)
3位:1次Lパナマ戦、ドリース・メルテンス(ベルギー)
2位:1次Lスペイン戦、ロナウドのフリーキック(ポルトガル)
1位:決勝T1回戦日本戦、電撃カウンター(ベルギー)(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網