戻る


ヤクルト青木、右太もも付近に痛い死球

4回ヤクルト無死、死球を受け苦悶の表情を浮かべるヤクルト・青木宣親=東京ドーム(撮影・中田匡峻)

写真拡大

 「巨人−ヤクルト」(23日、東京ドーム)

 ヤクルトの青木宣親外野手が四回、右太もも付近に死球を受け、しばらく立ち上がれずにいた。

 巨人の先発・山口俊が投じた2球目。直球が青木の右太もも付近に直撃した。飛び上がって何とか避けようとしたもののかわしきれず、バッターボックス付近に倒れ、立ち上がれなくなってしまった。

 様子を見た後、一塁へ歩きプレーに復帰したが、打撲時の痛みが強いと思われる場所なだけに影響が出ないことが望まれる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網