戻る


米大学対抗のコンテストが、シボレー・カマロを「エコカー」に生まれ変わらせた

「米大学対抗のコンテストが、シボレー・カマロを「エコカー」に生まれ変わらせた」の写真・リンク付きの記事はこちら

人々の注目を集めたいなら、排気量の大きないわゆる「アメ車」に乗るといい。例えば「シボレー・カマロ」だ。V8エンジンの、間違いようのないうなるような排気音を耳にすれば、誰もがすぐに振り向いてくれるはずだ。

何とかして街中の注目を浴びたいという人は、次のようなことを試してみるといい。赤、黒、グレーのレーシングストライプと60点近いスポンサーロゴで覆われたクルマに乗り、人々で溢れるハリウッドの大通りを走るのだ。

だが実際にそんなクルマでハリウッド&ハイランドセンター前の交差点を曲がったとき、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」から顔を上げた旅行者はひとりもいなかった。そのとき運転していたカマロは電力で走行するように改造されていたため、近づいている音が聞こえなかったのだ。

そこで同乗していたドライヴァーがパフォーマンスモードのスイッチを入れると、うなり声を上げてエンジンが息を吹き返す。そうして人々は、ようやく顔を上げてこちらを見つめてくれたのだ。

ガソリン社会の象徴が大変身

運転していたのは、オハイオ州立大学で工学を専攻する学生だ。米エネルギー省のコンテスト「EcoCAR 3」の一環で、このカマロをバッテリーで走るように改造した人物でもある。

5月下旬に開催された最終イヴェントは4年間にわたる熾烈な闘いの最後を締めくくるもので、彼のチームがほかの15大学を制して総合優勝を勝ちとった。大量のガソリン消費を象徴する大排気量のクルマが、まもなく過去のものになる可能性を示してみせたのだ。

学生たちの課題は、ゼネラルモーターズ(GM)から寄付された2016年製カマロを改造して、新しいテクノロジーを示すことだった。EcoCAR 3の目的は、単にクルマを環境に優しいものにするだけではない。審査員たちは、エネルギー効率から性能、消費者にとって魅力的かどうかまで、さまざまな基準に基づいてチェックする。

なかでも最後に挙げた点は特に重要だ。学生たちは、単に地球に優しいだけでなく消費者にとっても嬉しいもの、カマロの熱心なファンたちがそれでも買いたいと思うようなものとして、カマロのイメージをつくり直さなければならなかった。

ワシントン大学のチームはカマロを電気で走るように改造したうえ、発電用の小さなレンジエクステンダーエンジンを搭載した。PHOTOGRAPH COURTESY OF ECOCAR 3

あらゆる問題の解決が必要

EcoCAR 3の責任者を務めた、エネルギー省の一部門であるアルゴンヌ国立研究所のクリステン・ウォールは次のように語る。「学生たちには、この業界に足を踏み入れたときに直面する技術的な困難に立ち向かってもらいました。『とにかくエネルギー消費効率をよくしよう』というだけでなく、あらゆることを同時にこなさなければなりません」

EcoCAR 3は2014年に始まり、各チームは年末になるたびに評価されてきた。最終評価では、各チームが4つの都市で2週間を過ごし、基本的な安全性を証明し、カリフォルニア州フォンタナにあるオートクラブスピードウェイで時速0マイルから60マイル(時速約97km)までの加速を競い、技術に関する詳細なプレゼンテーションを行った。オハイオ州立大学のチームは、1,000点満点のうち895点を獲得した。

16台の改造車すべては、5月にハリウッドのマジックキャッスルで展示された。そして、おそろいのTシャツを着た誇らしげな学生たちがそれぞれのクルマの周りに集まり、自分たちのさまざまな取り組みを紹介した。

今回のコンテストのどの段階でも1位を勝ちとったこの大学は、元のクルマに搭載されていたV6エンジンを取り去り、それより小さな2リットルの4気筒エンジンと巨大な電気モーター、19kWhバッテリーに置き換えて、高性能なハイブリッドシステムをつくり上げた。モーターは後部座席の下に設置され、普通はその場所を占めている燃料タンクは、通常の半分の大きさに縮小された。

同大学で機械工学および電気工学を専攻するサイモン・トラスクは、「わたしたちは、性能の点で競い合う能力があるだけでなく、燃費と排気においても十分に優れているものを求めました」と語る。

さまざまなアプローチ

結果として生まれたクルマは、実にスポーティーだ。AMT(オートマチックマニュアルトランスミッション=マニュアル操作の機構を自動化したもの)を採用したことにより、見た目は普通のAT車と変わらない。

駐車場に整然と展示されていたスペースから、クルマを出して通りに出てみた。ペダルは3個ではなく2個。シフトレヴァーで「ドライヴ」を選ぶだけでいい。

あとは、搭載されているコンピューターが正しいギヤを選択し、すべてのクラッチ操作をやってくれる。運転中、特にアクセルペダルを踏みこんでいるときに、一部のシフトが硬く感じられることもあったが、走りはスポーティーだ。そして、これは重要なことだが、従来の自動変速トランスミッションよりも動力の伝達効率が高い。

ほかのチームは従来の「マッスルカー(大排気量のクルマ)」を買いたい人々にとっても魅力的であることに重点を置いた。

ヴァージニア工科大学は、「EcoCar V8を復活させよう」という非公式スローガンのもと、オリジナルの3.6リットルV6エンジンを、「シボレー・シルヴァラード」の5.3リットルV8エンジンに換装。そして後部座席の下に特製モーターを追加した。ただし、クルマに動力を供給するこのモーターによって、カマロというより「プリウス」のような感じも生まれている。

ヴァージニア工科大学で工学を専攻するサム・ラインゼルは、「V8エンジンを必要とするのは、街なかを走り回るときや、高速道路で加速したいときだけです」と言う。このモーターとエンジンのおかげで、平均燃費は26mpg(約11.1km/リットル)に相当する。現在市販されているV8エンジン搭載のカマロなら22mpg(9.4km/リットル)程度だ。

ヴァージニア工科大学はV6エンジンを取り外し、V8エンジンに置き換えた。常識に反するやり方に思えるが、増えた分の排気を、電気によるハイブリッドシステムで相殺している。PHOTOGRAPH COURTESY OF ECOCAR 3

次世代へ引き継がれるプロジェクト

残りのチームは小型化で対抗した。ワシントン大学のチームは、バイク用の800ccエンジンを載せた(なお、このチームのクルマのラッピングは最も人目を引くものだった。フロントのグレーの色が少しずつグラデーションして、リヤでは鮮やかな紫になるのだ)。

このクルマは、主要な駆動力を電気モーター2つと19kWhバッテリー1つでまかなう。小さなバイク用エンジンは、バッテリーの電気を消費したときの発電に使われる(BMWの「i3」や「シボレー・ボルト」がこの方式を採用している)。

チームのコミュニケーション担当者であるケレン・ポトスナックは「しようと思えば、クルマをEVモードで走らせて、燃料をまったく使わないことも可能です」と述べる。

ヴァージニア工科大学のラインゼルは、4年続いたこのコンテストに最初から参加しており、今年大学を卒業する。「さよならを言うのは少し嬉しい反面、悲しいことでもあります」と、彼は言う。

ただし前途は明るい。コンテストに参加してきたこともあって、チームメートたちはGMやスペースX、電気バスメーカーのプロテラ(Proterra)といった企業への就職が決まっているのだ。ラインゼル自身は、自動車向けソフト会社のマスワークス(MathWorks)に勤めることになっている。

一方で、大学に残る学生たちにとっては、新しいコンテストの始まりとなる。新しいコンテストで知人に出くわすこともあるだろう。各大学チームをサポートするためにGMから派遣されるメンターたちは、多くの場合、過去にコンテストに参加した経験者だからだ。彼らは自分のスキルを、今度は誰もが購入できる新しいクルマを設計して組み立てる、次世代の技術者たちのサポートに向けることになる。

RELATED

学生が考えた「ピックアップトラック」のデザインは、都市とフォードの未来を変えるか

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網