戻る


一見すると「間が抜けている」ように見える日本人、だがその認識は「恐ろしさ」に変わる=中国

「取るに足らないこと」をあらゆる分野で徹底して行うことができる日本人に、中国人は「恐ろしさ」を感じるのだと中国メディアが伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国人は日本人の気質について「細かいところまで手を抜かない」と評価するが、その一方では「取るに足らないこと」まで手を抜かないように見えるようで、こうした点は「間が抜けている」ように見えるらしい。

 だが、「取るに足らないこと」にも一生懸命取り組んでいる様子は一見すると「間が抜けている」ようでも、それがあらゆる分野で徹底されていると、「恐ろしさ」を感じるのだという。

 中国メディアの快資訊は21日、日本と中国は隣国同士でありながら各所に大きな違いがある国同士だと伝え、日本を訪れた中国人は「取るに足らないことに時間と労力をかける日本人は間が抜けている」と感じることもあると伝えた。

 たとえば、日本の商業施設では館内に表示案内板を設置すると同時に、案内係のスタッフを配置するなど、無駄と思えることをしていると指摘。また、地下鉄などではリュックを背負ったままではなく、前に持って他人の空間を奪わないよう配慮すべきと呼びかける表示もあると紹介し、中国人からすると「そんなことは取るに足らないこと」のように思えると主張した。

 だが、地下鉄や新幹線の発車時刻表は見やすく、何時に何番ホームからどの車両がどこへ向かうのか、一目で分かりやすく表示されていること、街中にごみ箱がないのにごみがまったく落ちておらず、嫌な臭いもまったくないことなどに気付くと、中国人旅行客はその「取るに足らないこと」の徹底した積み重ねが日本の精緻な社会を構築していることに気づくと強調。そして、「取るに足らないこと」をあらゆる分野で徹底して行うことができる日本人に「恐ろしさ」を感じるのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網