戻る


ハルビン市で壮大な蜃気楼、建物の背後に巨大ビルが出現―中国メディア

黒龍江省ハルビン市で壮大な蜃気楼現象が発生した。

写真拡大

中国メディアの澎湃新聞網などは21日、黒龍江省ハルビン市内で19日、壮大な蜃気楼現象が発生したと伝えた。建物の背後に巨大な建物の像が出現するなどで、多くの市民が撮影してインターネットに投稿した。

【その他の写真】

同日のハルビン市は、曇り、晴れ、にわか雨など天気が目まぐるしく変化し、ひょうにも見舞われた。午後は大雨で、市街地では道路冠水が多く発生した。

蜃気楼が観測されたのは人口が密集して黒龍江省人民政府もある南崗区で、建物の背後に10階建て以上であるように見える壮大なビルが出現した。

同市気象台の方麗娟副台長によると、蜃気楼現象は密度の異なる大気の中を進んだ光が屈折して発生する現象。19日の大連市では、大気の強い対流が発生していた。局地的には雨粒を蒸発させながら下に向け急速に移動する大気のかたまりが発生し、周囲の空気との温度差により密度の違いも生じ、蜃気楼が発生したとみられるという。(翻訳・編集/如月隼人)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網