戻る


立ってするなら自分で拭け。夫の立ちションに妻は心が折れている

世界三大がっかり名所の一つ、ベルギーはブリュッセルの小便小僧ですが、近くで見ればそれなりに愛らしさが漂います。ところがこの立ちションの習慣、トイレを汚し、掃除する主婦に不快感を与えているんです。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、ちょっとの配慮で問題を解決する処方箋を紹介しています。

ションスタイル

さて、本日は習慣の問題のお話。

先日、ネットで深刻な悩みを見つけました。相談者さんは既婚女性なんですが、文面の端々に表れる言葉のキツさから悩みの深さがうかがえます。

どうして私が…毎日やってるのに…自尊心が削られる気がする

…( ̄〜 ̄;)。彼女をここまで追い詰めているものは、なんとある場所の掃除なんです。そこは

トイレ

です。汚れやすいトイレを相談者さんは毎日せっせとキレイにしているようなんです。それがとても苦痛だと。

ま、確かにトイレは汚れやすいモンですが、『自尊心が削られる』ほどなんでしょうか。実は、相談者さんが悩んでいたのは

尿ハネ

なんです。オシッコをすると、周囲に飛び散る(飛び散っているんですよ!)アレです。この尿ハネ、ほぼ原因が特定されています。それが

男性の立ちション

なんです。これはよく知られるようになったことですが男性一人が1日トイレを使うと、実に2,300滴も周囲に飛び散るんです。便器の中やフチは言うに及ばず、

腰から下の壁面床便器の外側

にもまんべんな〜〜く飛び散っているんですね。ネットに写真が転がっているから、拾ってみてください。トイレに入る気が失せるから( ̄∇ ̄)。ちなみに女性の場合は500滴くらい、便器の裏側前方がほとんどだそうです。

で、件の相談者さんの苦悩のもとになっているのが

どうして私が他者のシモの片付けを…

という理不尽さでしょう。ハイハイしている赤ちゃんや足腰立たない病人ならともかく、

大のオトナの

シモの片付けは、誰だってやりたくないですからね。

確かにトイレ掃除で尿ハネを拭くときの、なんともいえないカンジは「自尊心が削られる」と表現してもいい感情ですし。

んじゃ、どうするのかといえばですよ。この問題の解決方法は、それほど多くなさそうなんです(★_★)。ナゼかと言うと、これが

完全に習慣の問題だから

です。用を足すスタイルがどうかは、純粋に個人の好み(?)の問題です。他者に迷惑をかけない範囲ならね。で、その好みを尊重した上で、その

尻ぬぐいは自分で

するのは当然のはずです。ところが、習慣的に

男性は立ちションし自分では拭かず女性が掃除

になっているんですよ。…しかしですね! この状況はさすがに

マナーの点でどうなのよ

と思うんです。男性が逆の立場なら、絶対そう思うはずですよね。

でね( ・∀・)。ちょっと調べてみたんですよ。

海外のダンシのションスタイル

を。なんたって清潔好きで知られる日本ですからね。逆に言えば海外では「立ちションスタイルが主流で、しかも誰も気にせず掃除しない」ということになるんじゃないかと予想していました。

調べた範囲ですが、海外ダンシは

座りションスタイルが多い(゜ロ゜屮)屮

ようなんです。なんでも

子供の頃から一人暮らしでトイレ掃除をし始めてからママに言われた立ちションだと足に結構かかってイヤ

だからだと。しかも念の入ったことに

ソトでは立ちションスタイル

なんだとか。家のトイレはキレイだけど、ソトのは汚そうだから座りたくないんだそうです。マジですか。

…ちなみに、私が感心したのは「ママに言われた」から拭いたり座りションにしたということです。こういうことを仕方ないと諦めずに家族に訴えるジョシもスゴいが、それをそーだねと受け入れるダンシもスゴいと思う。

実に残念なことに、有意な結果をもたらしてくれるほどの数の外国人男性の友人がいないので、ホントかウソか分からないんですけどね。

もしここまでがホントだとするとですよ。日本の「ダンシ立ちション+拭かない+ジョシ掃除」スタイルは、いかにも日本らしく

ガラパゴス的 (~□`)too

だということです。

とすると、ダンシのションスタイルは

立ちションスタイルなら、自分で必ず拭いてね

あるいは

座りションにしてね

ということになります。

…と、正論を吐いたところで、強固すぎるジェンダー観で自分まで苦しめていてもやめようとしない日本人が、長年身に付いたジェンダー的習慣を

サクッと改めるとは思われません( ̄∇ ̄)

よね。なので、個人的には(?)TOTOさんにオネガイして絶対尿ハネしない形状の

新型トイレを開発してもらう(^人^)

うん!! これが一番早く日本の尿ハネ問題を解決してくれそうじゃないかと思うんです。いや、ある意味皮肉なんですけどね。

で、さらにね。現状がそうだとしても、

これから育っていくオトコの子には

自分で拭くということを習慣づけた方がいいでしょう。冗談じゃなく、これが離婚の理由になりかねないからです。

だって、ジョシが

自尊心が削られる…(;_\)

って言ってるんですよ。それに、公平にみてもコレが公平でないことはマチガイないですからね。

精神的にキツい家事、尿ハネの掃除。犯人は、自分のお尻だけでなく便器も拭きましょうね。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網