戻る


未来のiPadではリアルタイムの手書き認識が可能に?Appleが特許を申請


 
Appleが新たな手書き認識システムの開発に取り組んでいることが、米特許商標庁(USPTO)が最近公開した特許申請書から明らかになりました。

ニュートンで一度失敗しているApple

近い将来、iPadでリアルタイムの手書き認識が可能になるかも知れません。
 
Appleは過去に一度、手書き認識が可能なデバイスを発売しています。ジョン・スカリー氏が最高経営責任者(CEO)を務めていた1992年、Appleは個人用携帯情報端末「ニュートン」を発表、同端末の主要機能のひとつが、手書き認識でした。しかしニュートンは、商業的には失敗に終わっており、Appleはその後Apple Pencilの登場まで、いわゆる手書き認識技術を自社デバイスには採用してきませんでした。

中国語のリアルタイム認識が可能

Appleが今年2月15日に提出した、「Managing Real-Time Handwriting Recognition(リアルタイムの手書き認識管理)」と題する特許申請書によると、ユーザーが手書きする文字やイラストを、書き順通りに、かつペンの動く方向まで、リアルタイムで認識できる技術とのことです。
 
申請書には、数十万文字の認識が可能であり、特に中国語の文字が認識できると記されています。また文章を続けて書く場合、最初に書いた文章から次の文章を推測する機能も搭載しているようです。
 
特許の例によれば、たとえばユーザーが「帽子」という文字を書こうとしているとき、デバイスは手書きの文字から推測したいくつかの候補を挙げるものの、最終的には正しい文字を選択しています。また興味深いのは、英語と中国語が混ざっていても、正しい文字を選んでいることです。
 
中国語が可能であれば、日本語の漢字も正しく、かつすばやく認識できると期待できます。ただしこれはあくまで特許であり、実現するかどうかはわかりません。
 

 
 
Source:USPTO via Cult of Mac
(lunatic)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網