戻る


濡れた髪の正しい拭き方とは?

濡れた髪の正しい拭き方とは?

写真拡大

洗顔のポイントは「なでるように優しくすること」とよく言われますが、髪の美しさを保つにも優しさが必要です。

髪を素早く乾かすために、ゴシゴシ拭くのはNGです!

髪の繊細さについて

髪も肌と同様、とても繊細なものです。

幼い時はただシャンプーするだけで艶やかで健やかな髪だったのに、成長するにつれ、いつの間にか乾燥やくせが出てきたという方も多いでしょう。

髪は摩擦や紫外線に弱く、生活習慣や食習慣によってもダメージを受けるほど繊細です。

繊細ゆえ、日頃のお手入れ方を少し間違えるだけで、パサパサになり切れ毛や枝毛だらけになることも。

ひどい場合は、髪がチリチリに縮れてしまいます。

特に細くて柔らかな髪質の場合は、より注意が必要です。

やってはいけない髪の拭き方

特に濡れた状態の髪は、とても繊細です。

濡れたままで眠ることは美髪の天敵なので、必ず乾かすようにしましょう。

ですが、ただ乾かせばよいというものではありません。

少しの摩擦でも枝毛や切れ毛となるため、以下のような拭き方は絶対にNGです!

ゴシゴシ力任せにこする

摩擦は髪の天敵なので、絶対にやめましょう。ダメージヘアの原因になります。

だらだらとながら拭きをする

お風呂上りはリラックスタイムとばかりに、テレビを観たり、ドリンクを飲んだり、スマホをいじったりとながら拭きをしていませんか?

それでは髪が長時間湿った状態となり、摩擦を受け続けるので、優しく拭いているつもりでも悪影響となります。

爪をたてる

頭皮マッサージのつもりかもしれませんが、指だけではなく、爪までたっていることがあります。

心地よい刺激のはずが、実際は、頭皮を傷つけている危険があります。

頭皮へのダメージは抜け毛の原因にもなるので、注意しましょう。

濡れた髪の正しい拭き方

濡れている髪は、キューティクルが開いた傷みやすい繊細な状態です。

次のように、正しくタオルドライしましょう。

頭皮を包むように拭く

まずは大き目のタオルで、頭全体を包むようにし、頭皮を中心に指の腹でマッサージするように拭きます。

決して力任せにゴシゴシするのではなく、あくまで水分をタオルに移す感じです。

毛先をタオルで優しく叩く

頭皮や根元のタオルドライが済んだら、タオルで毛先を挟み、優しくパンパンと叩きます。

ぎゅっと絞ったり、こすったりするのではなく、タオルが水分を吸収するように優しく叩きましょう。

特に繊細な状態の濡れた髪も、正しいタオルドライで、キューティクルを傷めることは避けられます。

優しい気持ちで髪を丁寧に扱うことは、美髪を保つ基本です。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網