戻る


最新版!「住みよさランキング2018」トップ50

千葉県印西市が7連覇

写真拡大 (全5枚)


印西市の牧の原公園。女優の真木よう子さん、EXILEのNAOKIさんは同市出身(写真:ino masa / PIXTA)

東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。最新となる2018年のランキング結果がまとまった。このうち上位50都市を紹介する(各都市のランキングの詳細については、『都市データパック2018年版』を参照)。

「住みよさランキング」は、公的統計を基に、それぞれの市区が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、ランク付けしたもの。ランキングの算出には16の統計指標を用いている。指標ごとに、平均値を50とする偏差値を算出、それらの平均値から5カテゴリーの部門評価および総合評価を算出している。なお、5つのカテゴリーと採用16指標の詳細については、文末をご参照いただきたい。

対象は、2018年6月18日現在の814都市(全国791市と東京23区)で、全都市を対象としたランキングは25回目となる(2011年は、東日本大震災により非公表)。なお、トップ50都市のランキング表は3ページ目以降に掲載している。

印西市(千葉)が7年連続トップ

今年の「住みよさランキング」総合評価1位は千葉県印西市、2位が愛知県長久手市、3位が宮城県名取市となった。2012年のランキングで1位となった印西市は、今回で7年連続の1位だ。

印西市は千葉県の北西部、東京都心から約40kmの位置にあり、3市にまたがる千葉ニュータウンの面積の過半を占める住宅都市。市内には多数の大型商業施設が進出し、また大学や企業の研究開発拠点、金融機関のデータセンターなども集積している。東京と成田国際空港を結ぶ交通軸上にあり、2010年の京成成田空港線(成田スカイアクセス)の開業により、成田空港はもとより、東京都心や羽田空港へのアクセスも良好である。東京区部への通勤率は20%を超え、また、成田空港近辺へ通勤する人々も多く暮らす。


以前より、「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の4部門で高い評価となっていたが、新たに「安心度」の指標とした「年少人口(0〜14歳)増減率」が全国10位・増加率8.2%と高く、トップの座をより強固にする結果となった。

「年少人口(0〜14歳)増減率」のほか、「転入・転出人口比率」も全国で10位以内(転入超過29.3%)の高い値となっているのに対して「15〜49歳女性人口当たり出生数」は全国平均並みと、飛び抜けて高いわけではないことから、子どもを持つ若い世代が、印西市を「育てるまち」として選んでいることが推測される。

一般に、若い世代の流入が進むと、住宅の広さや持ち家比率といった住宅事情が悪化するが、印西市は「住居水準充実度」199位と高水準。社会インフラが整備され、都心部まで通勤可能な位置にありながら、広い持ち家を持つことができる環境を求めて若い世代が集まり、民間商業施設も充実してくる。その快適さや利便性が、さらに人を呼び込んでいる様子をランキングの順位からうかがうことができる。人口増に対して、良好な住環境や快適さ、利便性をいかに維持するかが今後の課題となるだろう。

2位の長久手市(愛知)は、昨年3位から順位を1つ上げた。愛知県の北西部に位置し、名古屋市の東部と隣接する。「小牧・長久手の戦い」で広く名を知られ、現在は、名古屋市のベッドタウンとして発展。市域西部は都市化が進む一方、東部は今なお自然を多く残しており、都市と自然豊かな田園の両面を併せ持つ。市民の平均年齢が38.6歳(2015年国勢調査)と全市町村で最も若いまちでもある。

「15〜49歳女性人口当たり出生数」と「年少人口(0〜14歳)増減率」が共に高く、「人口当たり病院・一般診療所病床数」も比較的多いことから「安心度」は19位と高水準。また、市内の商業施設が充実しており、2016年12月に「イオンモール長久手」が開業したことで「利便度」の順位をさらに上げた。一方、「持ち家世帯比率」が低く、「住宅延べ床面積」も小さいため、「住居水準充実度」が723位と下位に甘んじ、1位奪取には及ばなかった。

3位の名取市(宮城)は、昨年11位から一気にトップ3入りとなった。宮城県南部の太平洋沿岸に位置し、仙台市の南東に隣接。JR東北本線、仙台空港アクセス線、国道4号、東北縦貫自動車道、仙台東部道路などが走り、人口集積や企業立地が進んだ広域仙台都市圏の副拠点都市。

東日本大震災の影響で一時的に伸びが停滞したものの、市制施行以来、人口増加が続いている。震災では沿岸部で津波による甚大な被害を受けたが、ハード面の復興が進み、「世帯当たり新設住宅着工戸数」は9位。また、子どもの数も増加傾向にあり、北海道・東北地方では唯一、「年少人口(0〜14歳)」が増加している。今回調査では指標の入れ替えもあり、「安心度」が昨年598位から84位へ大きく上昇したことから、総合順位を押し上げた。

東京23区は軒並みランクアップ

今回の総合ランキングでは、東京23区がおしなべて順位を上げた。トップ10のなかに3区(5位中央区、8位港区、9区千代田区)が入り、トップ50では9区がランクインした。これらの区は若い世代の人口流入が続いており、今回から算定指標とした「年少人口(0〜14歳)増減率」の値が高いため、「安心度」を通じて総合順位を上げた。

また、新たな指標として追加した「可住地面積当たり飲食品小売事業所数」は、食品スーパーや野菜、食肉、鮮魚、菓子・パンなどの販売店、コンビニエンスストアを対象とするため、比較的小規模な店舗やコンビニエンスストアの数が多い東京23区には有利に働いたといえる。

地域ブロック別のトップは、「北海道・東北」が名取市(宮城)、「関東」が印西市(千葉)、「甲信越・北陸・東海」が長久手市(愛知)、「近畿」が総合14位の芦屋市(兵庫)、「中国・四国」が総合30位の下松市(山口)、「九州・沖縄」が総合11位の福津市(福岡)であった。

東洋経済オンラインでは、今回の「住みよさランキング」の続編として、近日中に「部門別ランキング」「地域ブロック別ランキング」の最新結果を紹介する予定だ。

▼5つのカテゴリーと算出指標
[安心度]        
(1)病院・一般診療所病床数(人口当たり):2016年10月1日現在 厚生労働省「医療施設調査」
(2)介護老人福祉施設・介護老人保健施設定員数(65歳以上人口当たり):2016年10月1日現在 厚生労働省「介護サービス施設・事業所調査」
(3)出生数(15〜49歳女性人口当たり):2016年 総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態」
(4)年少人口(0〜14歳人口)増減率:2017年1月1日÷2014年1月1日 総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態」
[利便度]
(5)小売業年間商品販売額(人口当たり):2016年6月 総務省・経済産業省「経済センサス活動調査(商業統計)」
(6)大型小売店店舗面積(人口当たり):2017年5月 東洋経済「全国大型小売店総覧」
(7)飲食料品小売事業所数(可住地面積当たり):2016年6月1日 総務省・経済産業省「経済センサス活動調査(商業統計)」
[快適度]
(8)汚水処理人口普及率:2017年3月末 国土交通省・農林水産省・環境省「汚水処理人口普及状況」、各都道府県資料
(9)都市公園面積(人口当たり):2016年3月末 国土交通省調べ
(10)転入・転出人口比率:2014〜2016年 総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態」
(11)新設住宅着工戸数(世帯当たり):2014〜2016年度 国土交通省「建築着工統計調査」
[富裕度]
(12)財政力指数:2016年度 総務省「市町村別決算状況調」
(13)地方税収入額(人口当たり):2016年度 総務省「市町村別決算状況調」
(14)課税対象所得額(納税義務者1人当たり):2016年 総務省「市町村税課税状況等の調」
[住居水準充実度]
(15)住宅延べ床面積(1住宅当たり):2013年10月1日 総務省「住宅・土地統計調査」
(16)持ち家世帯比率:2015年10月1日 総務省「国勢調査」
▼評価方法
16指標それぞれについて平均値を50とする偏差値を算出し、それらを平均して「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の部門ごとの評価、および総合評価を行っている。また、市町村合併のあった市については、転入・転出人口比率など整備不能なデータを除いて算出している。



原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網