戻る


ピッチ外のW杯物語 ブラジルの亡き名物サポーターが遺した“カウボーイ帽の行方”

クロービス・アコスタ・フェルナンデスさん(左、2014年)【写真:Getty Images】

写真拡大

7大会連続観戦の「コパのカウボーイ」フェルナンデスさんが前回大会翌年に死去

 連日、熱戦が繰り広げられているサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。ピッチを彩る選手だけでなく、客席から声援を送るサポーターもしばしば脚光を浴びる。海外メディアは、ブラジルのW杯名物サポーターが前回大会後に亡くなっていたことを紹介。その遺志を継ぎ、愛息が現地ロシアで観戦していることを紹介している。

 熱心なサッカーファンなら観たことがあるかもしれない。ブラジルのユニホームをまとい、カウボーイハットに蓄えた口ひげ。どうやって作ったのか、W杯トロフィーを掲げ、毎大会声援を送る中年男性。王国が誇る、一人の熱狂的サポーターの物語を紹介したのは、欧州衛星放送「ユーロスポーツ」イタリア版だった。

「『コパのカウボーイ』として知られるクロービス・アコスタ・フェルナンデスは25年間、ブラジル代表のサポーターとしてW杯を全て観戦していた。そのフェルナンデス氏は2015年にガンで亡くなった。9年間の闘病生活だった」

 こうつづった記事では、四半世紀のサポーター歴を誇るフェルナンデスさんが自国開催だった14年ブラジル大会翌年に亡くなったことを紹介。1次リーグ初戦のスイス戦を1-1で引き分けたブラジルだったが、今大会は客席から盛り上げ、声を枯らしていた熱狂的サポーターを失っていた。

愛息がカウボーイ帽とともにロシアへ「パパはW杯の魅力が消えないと知っていた」

 記事によると、フェルナンデスさんはW杯を7大会観戦し、ロナウジーニョらとも対面したことがあるという。その上で「2014年ブラジルW杯のドイツ―ブラジル戦の7-1でフェルナンデス氏が悲しんでいる写真は、当時の悲劇の象徴として今もアイコンとなっている」と紹介している。

 ただ、フェルナンデスさんの魂はW杯の舞台で生き続けている。記事では「現在、チッチ率いるブラジル代表と共にフェルナンデス氏の遺志を継ぐのは息子である」と記述。が父の代名詞だったカウボーイハットとともに息子が観戦に訪れているといい、本人のコメントも伝えている。

「これまで一緒に6つのW杯を旅した。パパは7つだったから、今回のロシアで同じ数になる。W杯は地球上で最も大きなイベントだ。まるで魔法だ。パパは1990年にイタリアW杯を現地観戦して以来、この旅の虜になってしまった。たとえアルゼンチンが優勝してしまってもね。パパはW杯の魅力が消えることはないと知っていたよ」

 父と一緒にW杯を観戦した数は「6」。今大会で亡き父と同じ「7」に並んだという。観る者を魅了するW杯。グラウンドのみならず、サポーターにも物語がある。今日もまた新たな熱狂の瞬間が生まれる。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網