戻る


【1位は?】「コンビニおにぎり」人気4社ランキング発表!

 ©一般社団法人おにぎり協会

写真拡大

6月18日は「おにぎりの日」。
私たち日本人にはなじみの深いおにぎり。
いまやコンビニやスーパーなどでも手軽に、さまざまな種類のおにぎりを買うことができるようになりました。

【コンビニから揚げ】一番うまいのはこれ! ローソン、ファミマ、セブンの”から揚げ”全13種食べ比べてみた

「おにぎりの日」である6月18日、人気のおにぎりや最近のトレンドなどはどうなっているのか、一般社団法人おにぎり協会が発表した調査結果をご紹介しましょう。

6月18日はなぜ「おにぎりの日」?

「おにぎりの日」は、日本最古のおにぎりが発掘された石川県の旧鹿西(ろくせい)町(現中能登町)が、町おこしの一環として制定した記念日です。6月は、鹿西町の「ろく」から、18日は、毎月18日に制定されている「米食の日」から取って、6月18日が「おにぎりの日」とされているんですね。

コンビニ各社のおにぎりで人気なのは?

そんなにおにぎりの日にちなんで、各コンビニで人気のおにぎりの具ランキングを見てみましょう。

セブン-イレブン

(1位)「具たっぷり 手巻ツナマヨネーズ」
(2位)「手巻おにぎり 熟成仕立て紅しゃけ」
(3位)「手巻おにぎり 熟成仕立て紀州南高梅」

ファミリーマート

(1位)「直巻 焼しゃけ」
(2位)「手巻 シーチキンマヨネーズ」
(3位)「直巻 和風ツナマヨネーズ」

ローソン

(1位)「手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ」
(2位)「手巻おにぎり あらほぐし焼さけ」
(3位)「新潟コシヒカリおにぎり 焼さけハラミ」

ミニストップ

(1位)「手巻ツナマヨネーズ」
(2位)「手巻紅しゃけ」
(3位)「手巻紀州南高梅」

各社とも、通年で販売されている商品の中で人気な商品は、「鮭」「シーチキンマヨネーズ/ツナマヨ」「梅」がランクインしていますね。

コンビニ各社では、それぞれにおにぎりへのこだわりをもっています。

セブン-イレブンは精米基準や炊飯基準を厳格に管理して、「米のうまさ」を追求。

ファミリーマートでは、手巻の海苔は有明海産を用い、米には軟らかさと硬さのバランスをとるためブレンド米を使用するなど、お米、海苔、塩など商品品質の向上にこだわっています。

ローソンは商品の製法を改良し、おにぎりの成型時とフィルム包装工程時にかかっていた圧力を「新・ふっくら包み製法」で低減させることに成功。ごはんの重量は変えずにおにぎりの厚みを約10%アップさせ、ふんわりふっくらとした食感に仕上げています。

ミニストップは、パッケージで購買意欲を掻き立てるような“シズル感”を表現。パッケージ上部に画像を載せることで商品のイメージがつきやすいようにして、商品名の文字サイズも大きく読みやすくしています。

コンビニおにぎりは、新製品が続々登場している印象ですが、ただ具を新しくしているだけではなく、各社ともさまざまなこだわりを研究、追及しているのですね。

最近のトレンドは「健康志向」

昨年のおにぎり調査でもトレンドだった健康志向おにぎりですが、引き続き、各社ともさらに力を入れているようです。

セブン-イレブンはもち麦おむすびのような健康米を使用した商品の販売が伸びており、今後も健康米のおにぎりを強化していくとしています。

また、ファミリーマートは、一般的な大麦に比べ約2倍の食物繊維を含む「スーパー大麦」を使用したおにぎりを展開していくといい、昨年登場し出した健康志向おにぎりに、すでに差別化を狙う動きが見られます。

ミニストップでももち麦入りの商品が売れており、具材が見える「もち麦入り十六穀米おにぎり」を発売、今後も積極的に健康志向おにぎりに力を入れていくそうです。

がっつり系も復活!

一方、がっつり系のおにぎりにも復活の兆しが。

各社へのアンケートの結果、おにぎりを購入している層で上位にランクインしているのは30〜40代の男性というデータが出ており、再びターゲットにあてた「がっつり系おにぎり」にも力を入れているコンビニ業界。

ファミリーマートでは、2017年度に発売されたおにぎりの中で「具、たっぷり! 牛カルビ」「炙り焼 肉巻おむすび」など具材比率が高い商品が人気で、新シリーズ「男飯シリーズ」をはじめ、「具、たっぷり!シリーズ」など、濃い味付けをしたがっつり系の商品や、ボリューム感のある商品のラインナップも増えてきているようです。

いかがでしたでしょうか。
基本の具材では、鮭、ツナマヨ、梅が不動の人気のようですね。

そして、2018年のおにぎりのトレンドでは、昨年に引き続き、大麦やもち麦などが配合された健康米に注目が集まっており、それと同時に、おにぎりの購買層で上位にランクインしている30代〜40代男性向けのがっつり系も人気という調査結果が出ました。

他にもSNS映えするような話題性のあるネーミングやパッケージ、具材などのおにぎりも消費者の購買意欲を掻き立てるようです。

おにぎり派はもちろん、そうでなくても各コンビニこだわりのおにぎりをチェックしてみてはいかがでしょうか。新たなお気に入りを発見できるかもしれません。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網