戻る


ゴルフのプロアマ戦、要は「銀座接待」と同じようなもの

青木も石川も平謝り(共同通信社)

写真拡大

 日本ツアー通算31勝、賞金王に5度輝いた永久シード選手・片山晋呉(45)が、男子プロゴルフツアーの今季メジャー第2戦「日本ツアー選手権森ビル杯」(5月31日〜6月3日=茨城県・宍戸ヒルズCC)の開幕前日に行なわれたプロアマ戦で同伴競技者に「不適切行為」を働いて処分を受けた事件。

 招待客に指導をするでもなく、自らの練習を続ける片山に対し、「ゲストの面倒を見るのがプロの役目だろう!」と叱責したゲストがいたのだ。ここまで大事になった背景には「プロアマ」を巡る複雑な事情がある。プロアマは、大口スポンサーへの“接待”という側面を持つからだ。あるトーナメントの関係者が明かす。

「プロゴルフトーナメントの開催運営には、賞金総額の3〜4倍の経費がかかるといわれます。今回のツアーは賞金総額1億5000万円ですから、約5億円ほどになる。プロアマ戦は、そうした金銭面でトーナメントを支えるスポンサー企業に対し、協会と選手会が感謝の意味を込めて協力する公式行事なのです」

 そのため、「最大40組とする」こと以外に特別な規定は設けられておらず、その運営や招待客のリストアップは、主催者であるメインスポンサーが決める。それだけに、巨額の運営費を賄うスポンサーにとっては様々な“ツール”となり得る。

「招待客の名簿は半年前から、広告代理店が作成の準備に当たります。得意先の接待に使ったり、営業成績が良い人を慰労の意味を込めて招待する場合もある。社長やVIPゲストは、大物プロや人気選手とセッティングされることが多い。逆に言えば、招待される側も、一緒に回るプロが誰かを見れば、自分がどれだけ大切にされているかが分かってしまう」(同前)

 また、開催時期や場所によって“プロアマの価値”は変わってくるという。

「女子の大会では、春先に沖縄で行なわれる『ダイキンオーキッド』や、夏の北海道でやる『明治カップ』などの大会では、招待客はアゴ足付きで大満足します。お盆に開催される『NEC軽井沢72』は、避暑に訪れている政財界の大物や人気タレントから参加希望が殺到することで知られている。

 反対に、梅雨の最中の大会となると、招待客にとって魅力も下がるし、プロも出場を見合わせたりするので、目玉選手が少ない可能性も高くなる。なのでプロアマの価値も下がってしまう。そのため、協会は2年連続で同一大会を欠場した場合に罰金100万円を科すなどの制約を設け、スポンサーへの配慮を見せている」(ゴルフ誌記者)

◆ジャンボは“芸者”、中嶋は“教え魔”

 プロアマ終了後には、表彰式を兼ねた前夜祭が開かれ、女子プロがドレスアップして参加する大会もある。そうした“接待の場”だからこそ、招待客に対して協会側が気を揉む場面は少なくないという。

「プロアマ競技はプロも含めた4人の打った球のうちベストボールを選んで進めていくチーム戦が主流。プロに真剣にやってもらわないとゲストも優勝できない。そのため、腕に自信のあるゲストが、身が入っていないプロを見て険悪になるケースは少なくない。

 だからこそ、プロと招待客の相性を勘案することに苦心するわけです。プロにも、教えるタイプや盛り上げるタイプがいて、ジャンボ尾崎は横柄なイメージとは裏腹に、“社長〜、ヘタだなぁ〜”と場を盛り上げるのがうまい。中嶋常幸は“教え魔”として知られています。最適な組み合わせでラウンドしてもらい、終了後のパーティではお酒を交えてプロと談笑ができる。

 要は、プロアマ戦は、“銀座接待”と同じようなもので、プロはホストやホステスの代わりとみることもできる。メインスポンサー企業の関係者のなかには、“プロアマさえ成功すれば、トーナメントにギャラリーが集まる、集まらないなんて二の次”と思っている人すらいる」(同前)

※週刊ポスト2018年6月29日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網