戻る


非核化への期待感に大差 韓日の相互好感度は逆転=共同世論調査

トランプ米大統領と会談する金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)=(ロイター=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が非核化する可能性に対し、韓国と日本で認識の差が大きいことが分かった。    

 韓国民間シンクタンクの東アジア研究院(EAI)と日本の非営利団体・言論NPOは18日、ソウル市内のホテルで記者会見し、韓日両国で実施した共同世論調査の結果を発表した。

 調査によると、4月末の南北首脳会談で行われた合意通り、北朝鮮の非核化が実現すると答えた人の割合は韓国人が13.7%だったのに対し、日本人はわずか1.2%だった。 

 「非核化の努力はあると思われるが、多くの時間がかかるだろう」と答えた人の割合は韓国人が45.6%、日本人が24.3%だった。 

 北朝鮮核問題が解决すると思う時期については、韓国人の場合、年内と答えた人は3.8%で、2年以内が13.8%など、10年以内とする割合が6割を超えた。「解決しない」と答えた割合は韓国人が23.2%だったのに対し、日本人は65.1%に達した。

 一方、韓日関係に対する認識は改善する傾向をみせた。 

 現在の韓日関係が「悪い」と評価した韓国人は54.8%で前年比10.8ポイント改善した。日本人も40.6%で、同17.1ポイント減少した。

 未来の韓日関係が「悪くなる」と予想した割合は韓国の場合、16.6%から13.5%に、日本人は14.5%から13.5%に低下した。 

 一方、日本に対する印象を「良い」「おおむね良い」と評価した韓国人は28.3%で昨年より上昇したのに対し、韓国に対する日本人の好感度は22.9%で前年比4ポイント減少した。 

 これまで行われた5回の調査では、日本の韓国に対する好感度が韓国の日本に対する好感度より高かったが、今回初めて逆転した。

 EAIと言論NPOは両国民の認識の差をなくし、相互理解を高めることを目的に、2013年から毎年調査を行っている。今回の調査は韓国の19歳以上の男女1014人、日本の18歳以上の男女1000人を対象に5〜6月に実施された。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網