戻る


アメフット 関学大は会見に手荷物検査実施 “危機管理”バッチリ

会見に臨む(右から)関学大アメリカンフットボール部・鳥内秀晃監督、小野宏ディレクター、関学大QBの父・奧野康俊氏=兵庫県西宮市の関西学院大学

写真拡大

 アメリカンフットボールの定期戦で日大選手が悪質なタックルをした問題で、関学大は26日午後、3度目の会見を行う。会見には鳥内秀晃監督(59)、小野宏ディレクター(57)のほか、負傷選手の父で大阪市議の奥野康俊氏(52)も同席する予定。

 関学大は、前日25日に日大が行った記者会見に一般人女性が乱入したことや、負傷選手に危害予告があったことなどを受けて管理体制を強化。会見場へ入る際は1人1人名刺を受け取って確認したほか、大学職員による簡単な手荷物検査も行われた。

 問題は今月6日に発生。関学大は、送付した抗議文に対する日大からの再回答書を24日に受け取っており、見解や今後の対応などを説明するとしている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網