戻る


秀樹さん告別式に1万人以上、ファンの列1キロ超す…野口は大粒涙

斎場に入る野口五郎=東京都港区の青山葬儀所

写真拡大

 16日に急性心不全のために亡くなった歌手の西城秀樹(本名木本龍雄=きもと・たつお)さん(享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。郷ひろみ(62)、野口五郎(62)ら関係者とファン合わせて1万人以上が参列。式の7時間以上前の午前3時半からファンの列ができはじめ、一時は約1キロ離れた地下鉄・青山一丁目駅まで伸びた。

 西城さん、郷とともに“新御三家”として青春時代を共にし、2度の脳梗塞を発症しながらステージに立ち続けた西城さんを近くで励まし続けた野口は、告別式後、取材に応じ、思い出を語りながら大粒の涙を流した。

 ステージ衣装の西城さんが眠る棺には、家族からの手紙、次男からプレゼントされた帽子、ゴルフのグローブが納められた。喪主を務めた妻・木本美紀さんは、「ファンの皆様からのお手紙に、秀樹さん、家族一同、幾度となく力づけられました。どうか秀樹さんを忘れないでください」と声を震わせながらあいさつ。子供たちは涙を流し聞き入った。

 出棺直前には、ファンからの「ヒ・デ・キ」コールに応えるように、西城さんが「イェーイ、イェーイ、行くぞー!!分かっとるな!?クラップ、ユア、ハンズ!!」とあおるライブ音源の声が斎場に響き渡り、流れ始めたのは代表曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」。ファンの大合唱に包まれ、最後は「ブルースカイ ブルー」に乗せて、太陽がのぞく薄曇りの空へと旅立った。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網