戻る


【MLB】大谷、敵将のチャップマン投入に仰天「自分に対してそのカードを切って…」

3打数無安打1四球に終わったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

チャップマンの剛球に驚嘆「やっぱりトップクラスの真っ直ぐ」

 エンゼルス大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場し、3打数無安打1四球と3戦ぶりに無安打に終わった。だが、第4打席では相手守護神のアロルディス・チャップマンと対戦。8回2死からの守護神投入策に「自分に対してそのカードを切ってくるっていうことをあまり考えていなかった」と驚いた。

 1-2と1点を追う8回2死一塁。大谷が打席に向かおうとすると、ヤンキースのアーロン・ブーン監督は投手交代を告げた。投入したのは、剛腕で知られる左腕チャップマン。投手交代の可能性は「頭の片隅にはありました」というが、「正直あまりスイッチするとは考えていなかったですし、自分に対してそのカードを切ってくるっていうことをあまり考えていなかった」と仰天した。

 全5球がストレート勝負。大谷はカウント2-2から5球目の101.9マイル(約164キロ)速球で遊ゴロに打ち取られたが、ダグアウトに戻る時は野球少年のような笑顔を浮かべていた。マウンド上では160キロ超の球を投げる大谷だが、打席で100マイル(約161キロ)超を体験したのはメジャー初。「こっち来てからずっと速いボールは見てきているんですけど、その中でもやっぱりトップクラスの真っ直ぐだなと感じました」と振り返った。

 だが、暴投で走者を得点圏に進めながらも凡退したことに悔しさが残る。試合後は「スピードもありますし、力もあるので、なかなかアジャストできない中で、どうやって対応していくかっていうのを、打席の中でもそうですし、入る前から考えてはいた。なんとかつないで次にいければよかったんですけど、あそこで1本打てないのは、まだ力が足りないんじゃないかなと思っています」と反省。「毎日毎日勉強していますし、こうやって力のある投手とやれるのは個人的にはいい経験。それを生かして次につなげるような取り組みができれば、いつかいい結果につながるんじゃないかと思ってます」と前を向いた。

 チャップマンとの次回対戦で、大谷がどんなアジャストを見せるのか。今から楽しみだ。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網