戻る


副業禁止のNHKに入局 たかまつなな“芸人続投宣言”の波紋

 今年4月にNHKに入局した女芸人の、たかまつなな(24)。曽祖父は日本を代表する応用化学者で元東大名誉教授の高松豊吉、本人もフェリス女学院出身という経歴で異色の“お嬢さま芸人”としても知られている。たかまつは内定段階でNHK職員と芸人の“二足のわらじ”を履くことを宣言。NHKには兼業規定があり、入局後に局側との摩擦が浮き彫りとなるとみられていたが案の定だ。

 たかまつはお笑いを通じて政治に興味を持ってもらうための出張授業を全国の学校で行う「笑下村塾」という会社の代表取締役を務めていたが、「NHK側からおりてほしいと言われた」と5月14日付の公式ブログで暴露した。

「たかまつさんが配属されたのはディレクター職。日々の業務をこなすだけでも相当ハードな職種ですが、彼女の担当は特に決まっておらず、さまざまな番組について勉強する形になっています。本人は本業をおろそかにしないと周囲に話しているそうですが、本業らしい本業が与えられていないのが実情のようです。NHKでは原則、副業は禁止。彼女みたいな新人が上司に許可を願い出てもまず許可されません。先輩や上司にとって“扱いにくい新人”であるのは確実です」(元NHK職員でジャーナリストの今井良氏)

 NHKは“副業”についてどう考えているのか。問い合わせたところ、「職員が(副業を)願い出た場合、業務を遂行するうえで支障がないかどうかや協会の職員として適当かつふさわしいものであるか等を総合的に判断しています。なお、個々の職員に関することは、原則お答えしていません」(広報局)と回答があった。

 今後、たかまつの“働き方”が受信料を払っている視聴者の利益を損ねることにならないかという議論も浮上しそうだ。

「NHKとしてはたかまつさんの兼業について、辛辣な意見が出ることは織り込み済みのはずです。それでも彼女を自由にさせているのは、“ブラック企業批判”をかわしたい意図が透けて見える。昨年、NHKは記者の過労死隠蔽問題で批判を浴びました。NHK上層部は、“働き方改革”の格好のアイコンとして、たかまつさんを利用している可能性があります」(今井良氏)

 本当にしたたかなのは、たかまつとNHKのどちらなのか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網