戻る


「東大卒」で活躍できる人とできない人の違い


社会に出て活躍する前に何を身につけるべきなのでしょうか(写真:iStock/kool99)

東大卒の半分が失業する時代が来る――東大生が得意とする「論理思考力」と「知識修得力」が人工知能革命によって武器にならなくなるかもしれない。それでは、人工知能によって代替されない人間だけの能力とは何か? 
世界中の多くの識者が共通して、それは「クリエイティビティ」「ホスピタリティ」「マネジメント」の3つの能力だと指摘している。田坂広志氏の著書『東大生となった君へ ‐ 真のエリートへの道』を基にクリエイティビティ=知的創造力をどのように身につければよいのか説明する。

世の中では、東大生や東大卒の人間は、よく「頭が良い」と言われる。

しかし、実は、東大生や東大卒の人間の「頭の良さ」とは、偏差値教育の基準における「頭の良さ」にすぎない。

そして、偏差値が高いという意味での「頭の良さ」とは、端的に言えば、「論理思考力」と「知識修得力」に優れているということだ。すなわち、論理思考力に優れていれば、入試において物理や数学は高い点が取れる。また、知識修得力に優れていれば、日本史や世界史、生物や化学、英語で高い点が取れる。そのため、論理思考力と知識修得力が優れていれば、偏差値が高くなり、東大に入れるというのが、現在の入試の仕組みだ。

現在、全国の大学入試改革において、AO入試や推薦入試を始め、論理思考力と知識修得力以外の能力も評価するための努力はなされているが、残念ながら、東大入試の基本的な仕組みは、大きく変わってはいない。

もちろん、この論理思考力と知識修得力において優れているということは、決して悪いことではない。しかし、これからの時代、それが武器にならなくなる可能性が高い。
なぜか。

「人工知能革命」の荒波が到来するからだ。

東大卒の人材が得意とする能力は人工知能の方が高い

よく言われるように、「論理思考力」と「専門的知識」を活用する能力は、人間よりも人工知能の方が、圧倒的に高い。

従って、もし、東大卒の人材が、「論理思考力」と「知識修得力」という「学歴的能力」だけに頼って仕事をしていると、その仕事は、必ず、人工知能に置き換わっていくだろう。

また、現在の「知的職業」の多くが、「専門的知識」と「論理思考力」だけで仕事をしている。そのため、専門的知識の活用と論理思考力の発揮において圧倒的な強みを持つ人工知能が普及してきたとき、これらの職業の半分が淘汰されることは、決して大袈裟な話ではない。それゆえ、こうした時代の変化を読めないと、たとえ東大卒であっても、その半分が失業する可能性がある。

では、これから、人工知能が人間の知的労働の多くを代替していく時代において、人間が担うべき仕事は何か。人間だけが担える仕事は何か。
言葉を換えれば、「人工知能革命の荒波を越えて活躍する人材」の条件は何か。

実は、このテーマは、毎年、世界中の大統領や首相を始めとする政界、財界、学界のトップリーダーが集まる「ダボス会議」で、何年にもわたって議論が行われてきた。私は、この会議を主催する「世界経済フォーラム」のGlobal Agenda Councilのメンバーを務めてきたことから、この議論にも、深い興味を持って関わってきた。
この議論の中で、世界中の多くの識者が共通に指摘することがある。
それは、人工知能が代替できない人間の能力として、「三つの能力」があるということだ。

・第一は「クリエイティビティ」。

・第二は「ホスピタリティ」。

・第三は「マネジメント」。

その「三つの能力」こそ、人間だけが発揮できる能力であると指摘されてきた。

では、この第一の能力である「クリエイティビティ」を身につけるには、どうすればいいのか?

実社会で求められる「知的創造力」とは

改めて言うまでもなく、「クリエイティビティ」とは、直感判断力に基づく知的創造力のことである。

しかし、最初に理解しておくべきことがある。

実社会において求められる「知的創造力」とは、音楽のモーツァルトや絵画のピカソ、科学のアインシュタインといった天才的な人間の持つ「知的創造力」のことではない。実社会で求められる「知的創造力」とは、そうした水準のものではない。

実社会で求められる「知的創造力」とは、まずは、目の前の仕事を、従来とは異なった視点で見つめ、その仕事の新たなやり方や、より良いやり方を考え、実現していく力だ。そして、ここで大切なことは、「実現していく力」という部分だ。

例えば、企業や官庁に就職して、ある仕事の進め方について、新たなやり方を考えついたとする。ただ、それを提案したり、語っているだけでは、「知的創造力」を持った人材とは言われない。

その提案を、魅力的な企画書にまとめ、上司や幹部を説得し、職場の仲間を巻き込み、一つのプロジェクトとして動かし、具体的な結果を出したとき、初めて、「知的創造力」を持った人材として認められる。なぜなら、実社会は、「アイデア・コンテスト」の世界ではないからだ。

ただ新たなアイデアや面白いアイデアを語っただけで、そのアイデアを実現するために行動する力を持たなければ、「アイデア倒れの人」という評価を受けてしまう。そして、それを繰り返していくと、いつか、職場の仲間は、誰も、相手にしてくれなくなる。

教育の世界では、「創造性を育む」といった言葉や、「創造的な人材に育てる」といった言葉が、実社会の現実から遊離した雰囲気の中で語られているが、実は、どのような分野においても、「創造的」と言われるプロフェッショナルは、単にアイデアが卓抜なだけでなく、それを実現する力を身につけている。私自身、そのことを思い知らされたのが、米国のシンクタンクで働いたときだ。

私が働いたシンクタンクは、ゼロックスの開発を始めとする様々な先端技術の開発で知られる技術系シンクタンクであり、当時、米国のオハイオ州コロンバス、ワシントン州リッチランド、スイスのジュネーブ、ドイツのフランクフルトの四研究所で、総勢八千名の研究員とスタッフが働いていたバテル記念研究所であったが、この中でも最大の組織を誇るリッチランドのパシフィックノースウェスト研究所に着任したときのことだ。

私は、その研究所で高い評価を受けるのは、「創造的な研究」をした研究員であろうと思い、「クリエイティビティ(creativity)」ということが評価基準であると思っていたが、着任のとき、所長から言われた言葉に衝撃を受けた。

「この研究所では、『創造性』(creativity)という言葉は使わない。『革新性』(innovativity)という言葉を使う」

そして、実際に、その研究所で働いてみると、所長の言葉通り、どれほど「創造的なアイデア」を提案しても、それだけでは評価されない。そのアイデアを具体的に実行し、何かの「イノベーション」(革新)を実現したとき、初めて、その研究所で評価された。そして、これは、決して、バテル記念研究所だけの文化ではない。

いま、世界で最も創造的な人材が集まる企業と言われる「グーグル」においても、やはり、社内での評価の基準は、新たなアイデアを提案することではない。そのアイデアを具体的なソフトウェアとして試作したとき、初めて高い評価を受ける。

世界の最先端で活躍する「創造的な人材」とは、「アップル」の創業者、故スティーブ・ジョブズを始め、実は、そうした「アイデア実現力」を身につけた人材なのだが、現在の我が国の大学教育においては、残念ながら、そうした教育は、あまり行われていない。

アイデア実現力とは「現実変革力」

では、その「アイデア実現力」とは、どのような力か。

それは、言葉を換えれば、実社会において、アイデアの実現を妨げる目の前の現実(上司の判断、仲間の意識、職場の文化、会社の方針、技術的な問題、資金的な制約、制度的な壁、市場の現状、社会の仕組みなど)を変えていくことのできる力、「現実変革力」と呼ぶべきものだ。

もとより、実社会に出たばかりで、すぐに、この「現実変革力」を発揮することはできない。いつか、社会に革新をもたらし、世の中に貢献する事業のアイデアを実現したいと思うならば、10年の歳月をかけてでも、この力を身につけていかなければならない。

では、どうすれば、目の前の現実を変える力、「現実変革力」を身につけていくことができるのか。

そのためには、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という「七つのレベルの知性」を身につけていかなければならない。

この「七つの知性」については、拙著『知性を磨く』(光文社新書)において詳しく述べたが、要約的に述べるならば、それは、

・世の中がどのような摂理・法則で変化しているかを知る「思想」
・思想に基づいて、世の中の様々な変化を予見する「ビジョン」
・変化の中で、どのような良き変化を実現するかの「志」
・良き変化を、いかにすれば最小の努力で実現できるかの「戦略」
・いかなる具体的な行動を取れば戦略を遂行できるかの「戦術」
・戦術を、最も効果的に実行するためのスキルなどの「技術」
・関与する人々が共感を持って智恵と力を貸してくれる「人間力」

という「七つの知性」であり、これらの知性を、仕事の様々なレベルでの経験を通じて、それぞれ、身につけていかなければならない。

いずれにしても、実社会に出たら、まず、目の前の仕事を、従来とは異なった視点で見つめ、その仕事の新たなやり方や、より良いやり方を考え、さらに、それを実現する力を身につけていかなければならない。

そうした意味での「知的創造力」を身につけていったとき、いつか、世の中の役に立つ新たな商品やサービスを開発する仕事に取り組んだり、一つの企業や地域、国家や社会の新たな戦略や政策を立案する仕事に取り組むことができるようになるだろう。

「答えの無い問い」を問う力

しかし、こう述べると、また、一つの疑問を抱くかもしれない。

「実社会における『知的創造力』というものが、そうした実践的なものであることは理解したが、それでも、やはり、最初の『新たなアイデア』が大切ではないか。そのアイデアを生み出すためには、何が必要か」

それは、たしかに大切な問いだ。もとより、「新たなアイデア」や「創造的なアイデア」を生み出すための一般的な方法は無いが、そのアイデアを生み出す「知的創造力」を発揮するために、必ず身につけなければならない力がある。

それは、「答えの無い問い」を問う力だ。

なぜなら、実社会の仕事の世界では、直面する問題のほとんどが、「答えの無い問い」だからだ。

例えば、会社で新たな商品やサービスの開発に取り組んだとき、その商品やサービスが、どれほど世の中から求められているかは、実は、分かるようで分からない。どれほど市場の調査や分析を行っても、現在のような多様化し、変化の激しい市場では、顧客のニーズというものが分かるようで分からない。それは、まさに「答えの無い問い」だ。

例えば、営業の仕事に配属になったとき、すぐに直面するのが、「お客様の気持ちが分からない」という悩ましい問題だ。その言葉や表情から真意を読み取ろうとしても、なかなか、それができない。『相手の心を見抜く技術』などという心理学の本をいくら読んでも、現実の人間の心は、それほど単純ではない。そのため、目の前のお客様の気持ちが分からないという現実に直面する。それも、「答えの無い問い」だ。

自分のキャリアプランを考えても、どのような仕事が、本当に自分に向いているのかは、なかなか分からない。これも、「答えの無い問い」だ。

私自身、大学院時代は、研究者の道を歩みたいと思い、それが自分に向いていると思っていたが、希望に反して実社会に出ることになった。しかし、実社会で営業、企画、マネジメントの道を歩み、そうした道が自分に向いている道であることを知った。いま振り返れば、私自身、自分のことが分かっていなかった。

このように、実社会に出て直面する問題のほとんどは、「答えの無い問い」だ。だから、「答えの無い問い」を問う力を、身につけなければならない。

では、そのためには、何が大切か。

安易に「正解」を求めないことだ。

安易に「正解」を求めない

実社会で我々が向き合う問題は、中学校時代、高校時代の教科書や参考書のように、最後のページを見れば「正解」が書いてあるというものはない。

どのような問題でも、まず、自分の頭で考え、考え抜き、自分なりに「正しい」と思える答えを出す。十分な情報収集を行い、色々な人の意見を聴き、様々な分析や検討を行う努力は、するべきだろう。しかし、実社会における問題は、重要な問題ほど、そうした努力を尽くしても、なお、「正解」が見えないという状況になる。


だから、最後は、自分の「直観判断力」に従って決めるということができなければならない。ときに、自分の中の「賢明なもう一人の自分」の声に従って決めることができなければならない。

そうした経験を積み重ねながら、「答えの無い問い」に向き合い、「自分なりの答え」を出していくという力を身につけていかなければならない。

実は、「知的創造力」とは、そうした努力の中でこそ身につくものだ。逆に言えば、安易に、上司の判断を仰ぎ、他人の意見に依存し、何かのマニュアルを探すという人間、自分の頭で考え、自分の責任で決めていくということをしない人間は、決して「知的創造力」を身につけることはできない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網