戻る


日大・内田前監督と井上コーチの会見受け 日大選手「覚えている事実すべて話した これ以上話すことない」

多くの報道陣が集まった22日の会見

写真拡大

 アメリカンフットボールの悪質な反則行為の問題で、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(30)が23日夜に改めて負傷を目的とした反則の指示を否定した緊急記者会見を受け、関学大QBを負傷させた日大・宮川泰介選手(20)が24日、代理人を通じてコメントを発表した。

 双方の主張が食い違ったものの、宮川選手は「5月22日の記者会見で、私が憶えている事実は全てお話ししましたので、これ以上お話しすることはありません」とし、反論はしなかった。

 宮川選手は22日に会見。悪質なタックルは内田前監督と井上コーチの指示に従って行ったと説明。「コーチから伝えられた言葉は『つぶせ』だったと思います。(それ以外の発言も合わせて)ケガをさせる意味で言っていると、僕は認識していました。そういう意味以外で捉えられなかった。やるしかない状況だった。いくら指示があったとはいえ、僕がやったことには変わらない。思い悩み、反省してきました」などと語った。

 内田前監督と井上コーチは23日夜に会見。冒頭に「誠に申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を述べ、頭を深く下げた。だが「信じていただけないと思うが」と前置きした内田前監督は「私からの指示ではない」と相手QBを負傷させる意図の指示を出したことは否定した。

 関学大QBへの危険なタックルは誰が指示したのか――。会見では今回の騒動の中で最も核心となる部分について質問が集中した。それでも内田前監督は頑として認めなかった。「ルールの中で一生懸命やっている。ルールの中で行うのが基本」と主張。また「やらなきゃ意味ないよ」と宮川選手に言ったのかとの問いには「絶対に言っていない」と述べた。

 これに対して宮川選手を日大豊山高時代から指導していた井上コーチは、歯切れの悪い説明に終始した。「宮川選手にQBを倒してこいと言ったのは真実」と認めた上で「ケガをさせるという目的の指示はしていない。(つぶして来いという発言は)思い切りスタートすることとか、最初から闘志を出してやるとか、いろいろな意味が込められている」と説明。一方で「ケガという言葉を使ったかは覚えていない」とも話すなど不透明感が残った。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網