戻る


“サブカルブスあるある”に共感の声続出「ラーメンズを崇拝」

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』♯68(毎週月曜よる9時〜) が5月21日、AbemaTV(アベマTV)にて放送 。“サブカルブスあるある”を巡り、白熱したトークが繰り広げられた。

 「ブスとサブカルの関係」をテーマに掲げ、さまざまな“サブカルブスあるある”が飛び出す中、多くの“ブス枠”出演者が同意見を述べたのが「サブカルブスはラーメンズが好き」ということだ。出版社勤務・原西なつみは「ラーメンズを絶対崇拝していますね」と断言。超個性派ブス・モリィは「お笑いの話になった時に『ラーメンズ通っていないの?』とバカにしてくる」と話した。

 さらに、芸人の吉住は「サブカル女子のせいでラーメンズさんの価値が下がっている」と主張。「ラーメンズ見たことないの?」と上から目線で聞いてくる“サブカルブス”に不快感を示した。そのような“サブカルブス”のせいで、ラーメンズの印象まで悪くなってしまったそうだ。

 吉住の意見を受け、矢作も「俺が子供の頃、尾崎豊がそうだったの。学校のブスの集団が尾崎豊をすげぇ崇拝してて」と似た経験を告白。大人になり、カラオケで尾崎豊の楽曲を歌うようになり、良さがわかったそうだが、子供の頃はブス集団が原因で嫌いになってしまったのだという。

 なお、モリィはラーメンズ以外に「CDショップのインストアイベントを全部把握している」「ミニシアターで謎の映画を観ている」などの“サブカルブスあるある”を展開。

 芸人のぐっちは、『水曜どうでしょう』のステッカーを貼っている“サブカルブス”を多く見かけるという。ステッカーを貼っている車の中を見ると、だいたい“サブカルブス”が乗っているそうだ。ぐっちはステッカーを貼る“サブカルブス”の心境を「コアな、めちゃくちゃセンスがある風なものを観ているんだぞ」とアピールしたいのでは、と分析した。

 また、芸人の吉住は、自分のことを「僕」と呼ぶ“サブカルブス”の存在に言及し「闇キャラを演じているんだと思うんです」と理由を推測。「僕」と呼ぶことで、「他の人と違う感性を持っている、個性的な人間です」ということを訴えたいのではと話した。さらに、吉住いわく、美人は基本的に自分のことを「僕」とは呼ばず、一人称に「僕」を使う本当の美人は、「めちゃくちゃメンヘラ」である可能性があると指摘していた。

  『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#68 はAbemaビデオにて配信中。

(c)AbemaTV

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網