戻る


【MLB】大谷翔平、90マイルの“急降下スプリット”に米驚愕 「オオタニはスーパーヒーロー」

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

移籍後最長の7回2/3を投げて2失点好投で今季4勝目、チームの連敗5で止める

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)を挙げた。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた。MLBは公式ツイッターで“エグい”落差のスプリットで三振を奪うシーンを公開している。

 こんなに頼れる男はいない。大谷が連敗ストッパーとして、レイズ打線に立ちはだかった。

 この日の登板のハイライトは5回だ。先頭のスミスを96.3マイル(約155キロ)、97.8マイル(約157キロ)のストレート2球で追い込むと、3球目は90.3マイル(145キロ)のスプリットで空振り三振に仕留めた。

 このスプリット。ストライクゾーンから打者の手元で急激に沈み、捕手の手前でほぼワンバウンドするほどの落差。それが普通の投手のストレートと、さほど変わらぬ球速で投じられるのだから、打ち返すのは至難の業だろう。

 MLBは「ショウヘイサンデーより素晴らしいものある?」と最敬礼のコメントと共に、90マイルスプリットを公開。ファンからは「オオタニとトラウトはスーパーヒーロー」「単に彼が良すぎるんだよ」「投げても打ってもスーパースター」と称賛が送られていた。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網