戻る


やみくもな「分散投資」がかえって損する理由


普通の銀行や証券会社で言われるままに分散投資をすると、思わぬ大損になることも(写真:ふじよ/ PIXTA)

投資をする際、「卵を1つのカゴに盛るな」とよくいいます。なぜなら、1つのカゴに卵をたくさん盛り、そのカゴを落としてしまったら、ほとんどの卵がダメになってしまうからです。数ある卵をいくつかのカゴに分けて盛っておけば、1つのカゴを落としても損失は一部で済みます。投資においてこの言葉は、1つの商品に資金を集中させるのではなく「いろいろなものに分散する」ことを意味します。

はたして、これは本当に正しいのでしょうか。

「分散」とは、数多くの商品に投資することではない

投資信託を売る銀行や証券会社のセールスマンも、「分散投資をしましょう」とよく言いますが、本来の分散投資と彼らが意図する分散投資は、中身がまったく異なるのです。

私のところに運用の相談に来られる中橋アイ(仮名)さんは、なんと30種類以上の投資信託や外貨建ての債券などに「分散投資」をしていました。初めてお会いしたときに、中橋さんはこう言いました。「セールスマンに勧められると、つい買ってしまうんです。でもこうやって『分散投資』をしていれば安心ですよね」。

しかし、中橋さんには大きな問題があります。やみくもに「分散投資」をすると、逆に思わぬリスクを抱えることになるからです。実は、分散の方法にはルールがあるのです。

世の中には、「投資はハイリスク・ハイリターンなもの」と敬遠している人がたくさんいます。しかし、「ローリスク・ハイリターン」な投資法は、実際に存在するのです。

それには、適切なポートフォリオ(複数の資産の組み合わせ)を組む必要があります。この方法は、ノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコウィッツ氏の「現代ポートフォリオ理論」の基礎となった理論を用いることで可能になります。この理論は、機関投資家と呼ばれるプロの投資家にとって、基本中の基本の手法です。

ここから話を先に進めるにあたって、まずリスクとは何かを知っておきましょう。金融の世界では、リスクとは「価格変動の大きさ」のことをいい、標準偏差という数値で表します。リスクが大きければ大きいほど、利益も損失も大きく変動することを意味します。

では、早速「ローリスク・ハイリターン投資法」の種明かしをしていきます。資産Aと資産Bの2つに投資したケースを考えてみましょう。

資産Aの期待リターンを2%、リスクを5%とします。
資産Bの期待リターンを4%、リスクを10%とします。

この2つを組み合わせ、それぞれの割合を変えることで、ポートフォリオ全体に及ぼすリスクとリターンの関係比率を見てみましょう。1つ目は、資産Aの価格が高くなると、資産Bの価格も同じように高くなるという関係(相関係数1)の場合です。


資産Aだけの場合、リスクは5%、期待リターンは2%です(図1の)。資産Bだけの場合、リスクは10%、期待リターンは4%となります(図1の)。

同じ動きをする資産同士を組み合わせてはいけない

そして、両方の資産を組み合わせ、その割合を変化させた場合、ポートフォリオ全体でリスクが高ければ高いほど、期待リターンも高いという関係が成り立ちます(図1の)。

この場合、分散投資したつもりでも、実際は本来の分散効果が得られていないのです。リスクの高い資産の割合を増やすと、ポートフォリオ全体のリスクも高くなっていきます。これだと、資産額も損失額もともに増える可能性が高まるのです。つまり、「同じ動きをする資産同士を組み合わせてはいけない」ことになります。この場合、リスクを減らす効果はなく、利益や損失の変動を抑えることはできません。中橋さんのように、こうした分散投資によって、知らず知らずのうちに大きなリスクを負っていることがあるのです。

2つ目は、資産Aの価格が高くなると、資産Bの価格は逆に低くなるという関係(相関係数-1)の場合です。


資産Aが70%、資産Bが30%のケースを考えてみましょう。この場合、ポートフォリオ全体のリスクは0.5%、期待リターンは2.6%となります(図2の)。

グラフを見ていただくとわかるように、資産Aの割合が100%から70%に減っていくと、リスクが低くなれば低くなるほどリターンが高くなっています(図2の)。このように、本来の分散投資は利益や損失の変動を抑えて、マイナスのリスクを抑えてくれるのです。

ところが、資産Aの割合がさらに60% 、50% 、40%と減っていくと、リスクが高くなるほど期待リターンも高くなるという関係に戻るのです(図2の)。相関関係が1つ目と2つ目の中間の場合、合成リスクと合成期待リターンの関係はオレンジ色や灰色で示したような関係になります(図2)。

「値動きの異なる2つ以上の資産」を組み入れる

ここまでは、2つの資産に投資するポートフォリオについてお話ししました。そこからさらに、3つ、4つの資産に分散投資する場合はもう少し複雑になりますが、結論としては同じことがいえます。

「ローリスク・ハイリターン」を実現させる最大のポイントは、できるだけ「値動きの異なる2つ以上の資産」を組み合わせることです。では、値動きが異なる(相関係数がマイナス)資産とは、どのような組み合わせを指すのでしょうか。

一般的にいわれているのは、株式と債券の組み合わせです。しかし、最近は株式と債券の相関性が強まっています。とはいえ、相関係数が1でないかぎり、分散効果は発揮されます。また、国内だけでなく海外の資産にも投資する「国際分散投資」によって、分散効果を高めることができます。これらは、値動きの異なる資産に投資する「資産分散」といわれるものです。

投資にはもう1つ、重要な分散方法があります。それは、「時間分散」と呼ばれるものです。たとえば、毎月2万円で買えるだけの数量(口数)の投資信託を買っていく手法(定時定額積立投資)です。こうすることで購入単価が平均化されます。相場の下落時にはたくさんの口数が買えるので、長く積立投資をしていくことで暴落をチャンスに変えることができるのです。また、給与からの天引きや口座(自動)振替での定期購入なので、知らないうちに資産が増えていくというメリットもあります。この効果は、行動経済学では「メンタルアカウンティング」と呼ばれています。

しかし、いくつか注意しなければならないことがあります。

ローリスク・ハイリターンの資産配分比率を求めるのに使うデータは、あくまでも過去のデータや予測値だということです。ですので、計算どおりの結果が確実に得られるわけではありません。

また、このポートフォリオ理論を使って資産配分を計算すると、多くの場合、債券を組み入れたポートフォリオが提示されます。しかし、現在のような低金利のときに、金利上昇(=債券価格の下落)のリスクをとってまで債券をポートフォリオに入れる必要はないという意見もあります。

「元本割れリスク」は限りなくゼロにできる

この理論による分散投資の具体例を見てみましょう。

表1の資産配分と資産配分は、期待リターンはともに3.81%です。しかし、資産の配分比率を変えることで、のリスクが14.94%に対して、は8.11%に抑えることができます。その結果、100万円を投資した場合、予測されうる30年後の運用結果は、が122万2000円に対しては233万7000円になります。また、元本割れする確率は、それぞれ14.9%、0.8%となります。

資産配分では元本割れの確率がゼロに近くなり、運用結果はの約2倍になるのです。値動きの異なる資産を組み合わせることで、期待リターンは同じでもリスクを下げることができるのです。ポートフォリオの作成において、「リスクコントロール」の重要さがわかると思います。

もっとも、この数字どおりの結果が確実に得られるわけではありません。しかし、これまで機関投資家などしか使っていなかったポートフォリオ作成法を、個人投資家でも使えるようになったのはすごいことです。これを使わない手はありません。実際にポートフォリオを作成する際は、「リスクの高い新興国株式の比率は少し下げる」とか、「低金利の日本の債券より、先進国株式の比率を高めてリスクをもう少しとってリターンを高めたい」といった各人のリスク許容度を加味しながら、配分比率を調整することになります。


iDeCoや、つみたてNISAを活用すれば、税制優遇を受けながら「資産分散」と「時間分散」を生かした投資を行うことができますが、これらの制度を使い分けたほうがいいでしょう。

今の時代、インターネットで、誰でも自分に合ったローリスク・ハイリターンの資産配分比率を求めることができます。しかし、それだけを参考にするのではなく、そこから算出された結果を基に、現在の金融・経済の状況を考慮し、選択する商品、資産配分を微調整する必要があります。それは、自らの資産をどの口座(iDeCoか、NISAか、つみたてNISAか、一般口座か)で運用するのが最適かを検討するためです。

ただ、これを自分一人でやるのは難しいものです。

冒頭の中橋さんは、資産運用にあまり詳しくない証券会社のセールスマンに相談して、勧められるがままに運用商品を買うことになりました。その結果、単に数多くの商品に投資することを「分散投資」と誤解してしまい、かえって大きなリスクを負うことになったのです。

「真の分散投資」を提案できる人の見分け方とは?

では、人からアドバイスを受ける際、何に注意をすべきでしょうか。まずは、正しい相談相手を選ぶことです。そのための重要なポイントは、次の2つです。

その人が資産運用についての「正しい知識」「豊富な経験」を持っているかどうか。セールスをしている銀行マンや証券マンの大半は、「販売のプロでも運用のプロではない」と思ってもらってかまいません。

所属する組織と利害のある商品、サービスを売りつけようとする人を避け、そうしたバイアスのない人を選ぶこと。当然ですが、金融機関のセールスマンは自分たちに利益をもたらす商品、サービスを売りたいわけです。それらは必ずしも、購入者・利用者が儲かる商品、サービスではありません。ほとんどの場合、両者の利害は反することになります。

ファイナンシャルプランナーなど、おカネの専門家に相談する場合も、同じです。お試し相談やセミナーを利用して、これらの観点から本当にふさわしいかどうかを見極めてください。分散投資という言葉は知っていても、正しい中身について知っている人は意外と少ないものです。

最後に、資産アドバイザーに適した相手かどうかを見分ける魔法の言葉をお教えします。

「リスクを抑える分散投資って、どうやったらいいのですか?」

もし、この問いに、わかりやすく明確に答えらえる人でなければ、相談しないほうがいいでしょう。「ローリスク・ハイリターン」投資をするには、まずは自分に合った相談相手を見つけることです。そして、着実に資産形成をすることで、100歳時代といわれる長い人生を楽しく生き抜いていかれることを祈っています。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網