戻る


「安全な」大麻商品がスイスでブームに スーパーも参戦で競争激化

「安全な」大麻商品がスイスでブームに スーパーも参戦で競争激化

写真拡大

 昨年12月、筆者がスイスのチューリヒでチベット体操の講座に出席したときのことだ。部屋が独特の香りに包まれていて、何だろうと思ったら大麻線香だった。「今日は呼吸が焦点で、室内を特別な香りにしたくて」と講師は説明した。90分の講座の終わりには、筆者は頭が大きく膨らんだかのような感覚に陥り、軽いめまいがし、胸に少し違和感を覚えた。ほかの参加者たちは平気な様子で、私の状態も数分で戻ったが、家族や友人に話したら「十中八九、大麻線香のせいだと思う」と口をそろえた。

 もちろん、その大麻は麻薬ではない。いわゆる「ハイな状態」にならない大麻商品がスイスで流行している。食品や喫煙用の葉やオイル(大麻のエキスを混ぜたもの)やクリームが約300種類以上もあって、専門店やオンラインで気軽に買える。

オイル、注入器(味見のため)
Satomi Iwasawa

◆安全な理由は?
 ハイにならない大麻とは何か。その状態を引き起こすのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分だ。このTHCがほとんど入っていないため麻薬ではなく合法なのだ(合法化は2011年)。これらの合法大麻商品はCBD商品と呼ばれている。薬用効果があるとされるほかの成分CBD(カンナビジオール)を多めに含んでいるからだ。

 CBDは研究が不足しているものの、心をリラックスさせたり、不安を解消したり、痛みを和らげたりする効果があるとされる。依存性はない。アメリカでは、重度のてんかんを持っていた6歳の少女が、CBD含有量が多くTHC含有量が少ない大麻を摂取して、症状を劇的に改善できたと報道されて話題になった。

 CBDを多めに含んだ大麻は、スイスで製造者たちが交配を繰り返して作っている。THCの量をもっと抑え、CBDをできる限り多く含んだ大麻を収穫できるよう、新たな交配を続けているという。スイスではTHCの量は1%まで許されている。ほかのヨーロッパの国では最高0.2%が多い。

◆ブームによる利益は66億円
 スイスの主要一般紙ターゲス・アンツァイガーによれば、2017年1月は、CBD商品を製造したり売ったりする企業はたった5社だったが、年末ごろには410社が登録していた。1年で80倍以上増え、まさに一大ブームだ。

 ブームによる経済効果は大きい。同年のCBD商品による予測利益は66億円にも上り、このうち4分の1の16億円以上が政府の収入となったという。タバコ類似品として、喫煙用の葉に課税したためだ。スイス初のCBDの店がオープンしたのは2016年8月で、政府は2016年にCBD商品でほとんど収入がなかったから、CBD大麻はまさに「金のなる葉」といえる。

◆用途は2つ 喫煙のため、健康のため
 CBD商品を購入する目的は人によって異なるが、調査専門家のフランク・ツォベル氏は4つにグループ化している。単なる興味から、喫煙のため、生活の質を向上させようと考えて、持病に使うため。多くの専門家は、との健康に強い関心のある人たちの伸びが最も大きいと考えている。

 この背景には、病気の苦しみや痛みを和らげるために、違法大麻(麻薬)を入手して消費している人がとても多いことがあるのだろう。2017年4月のスイス公共放送の記事(映像入り)では、連邦健康局麻薬部のマルクス・ヤン氏が次のように語っている。

「私たちは具体的なデータを取っていませんが、カナダのある研究で、スイスでは10万人が医療目的で違法大麻を消費していることがわかっています。病気が重くても軽くても、大麻の種類も、本当に自分に合っているかも全然知らずに、質がコントロールされていない違法大麻を摂取しています。公共衛生の観点からは、よい状況ではありません」

 CBD商品のブームは、治療のためにTHCをより多く含む大麻を合法化してほしい人たちにとっては、一歩前進と映っているかもしれない。1月初めのフリーペーパー『20 ミヌーテン』のオンラインアンケートでは、「違法大麻を合法化すべきだと思いますか」という質問に、「はい(いまがその時だから/国民が合法化に投票できるようにすべきだから」と回答した人は80%、「いいえ(麻薬は違法のままがいいから/社会にとって危険すぎるから)は17%、「どちらでもよい」が3%だった(回答者は2万9700人を超える。アンケートは、まだ締め切っていない)。

 の喫煙目的は、CBD大麻の風味が麻薬大麻とあまり変わらないためだ。ちなみに違法大麻の喫煙に関しては、10代の喫煙の多さが指摘されている。スイスでは15歳の男子の3人に1人、女子の5人に1人が1回は違法大麻を吸ったことがあり、国際比較すると世界一多い。


Satomi Iwasawa

◆スーパー参戦で、閉店に追い込まれる店も
 CBD商品は、最近は大手スーパーチェーンでも喫煙用を中心に販売されるようになったため、店同士の競争が激しくなった。

 大麻は一旦病気にかかると、すぐに広まる。また、THCの量が突然1%より上がってしまうことがあり、それらの葉は市場に出せず、すべて処分しなくてはならない。ブームに便乗して趣味的に開いた店だと、質の良い商品を提供できずに客が遠のき、閉店しているそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網