戻る


酒井宏樹は今季絶望でW杯に間に合う? 指揮官は「十字靱帯は大丈夫だが…」

酒井宏樹の状態は…【写真:Getty Images】

写真拡大

 マルセイユのDF酒井宏樹は現地時間21日の試合で負傷交代した。今季中の復帰が難しいかもしれないと、フランスメディアが伝えている。

 酒井は21日、リーグアン第34節のリール戦に先発出場。1点リードで迎えた19分、敵陣ペナルティエリア左のスペースに出たボールを追いかけると、体を入れた相手DFとの接触があって転倒し、左ひざを負傷した。その後ピッチに戻れず、そのまま交代となっている。

 クラブ公式サイトによると、リュディ・ガルシア監督は試合後、酒井のひざの状態について「十字靱帯は問題ない。だから、ワールドカップについては安心できるだろう。ただ、内側側副靱帯が良くないかもしれない。それならすぐに復帰するのは難しい」とコメント。「深刻な怪我じゃないことを祈っている」と話したそうだ。

 22日の検査を待たなければいけない状況だが、少なくともヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグのザルツブルク戦までに復帰する可能性は低いとみられている。

 また、『But Football Club』は『カナル・プリュス』が「酒井の今季中の復帰は絶望的。ただし、ロシアワールドカップに参加する可能性はある」と報じたことを伝えた。

 マルセイユでも日本代表でも欠かせない選手となっている酒井。ひざの状態が気になるところだ。

text by 編集部

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網