戻る


「使える英語」を学ぶと英語力は伸びない


TOEIC至上主義の結果、私たちは間違いだらけの英語教育を受けている!?(写真:kikuo / PIXTA)

日本では年間270万人が受験する国際コミュニケーション英語能力テスト、TOEIC。受験者の3分の2は進学や昇級で高スコアを求められる人たちだという。かくして英語力を測るグローバルスタンダードのごとく教育界・ビジネス界を席巻するTOEIC。だが、そこに大きな落とし穴がある、と著者は訴える。『TOEIC亡国論』を書いた、ポリグロット外国語研究所主宰の猪浦道夫氏に聞いた。

学校で学ぶべき英語とTOEICは全然別物

――題名に亡国論とありますが、必ずしもTOEICを全面否定するものではない?

ええ、もちろん。英語の運用力の基礎となる知識はある程度測れる。ただ、学校の入学試験や単位認定、企業の採用選考でTOEICを利用するのがピント外れだと言いたいんです。特に学校教育における近年の浸透・蔓延ぶりは由々しき問題。大学、大学院、下手すると最近は高校受験にまでTOEICのスコアを導入しようとしている。学校で学ぶべき英語とTOEICは全然別物です。

――TOEICに欠ける点とは?

「聞く」「話す」「読む」「書く」の4分野の能力はさらにそれぞれ3段階、ごく日常会話レベルの「略式」、最初に習得すべき標準的な「正式」、ビジネスや学問で求められる高度な「専門」レベルと、計12のゾーンに区分できます。TOEICで測れる能力はその中の「聞く」「読む」の「正式」ゾーンの2つだけ。しかも文章をキッチリ分析して読む力ではなく、瞬発力が勝負。複雑な思考は要求されず、日本語への翻訳能力は必要ないから、英語のままフワフワッと何となくわかればいい。「話す」「書く」の英語による発信力が測れないのも致命的です。

ビジネスの場で求められる英語力は、先ほどのゾーンでいえば「専門」レベルの契約書を作成したり交渉したりする力でしょ。TOEICの内容はたわいない日常会話なので、ビジネス英語力は評価できない。それを能力査定に使うのは完全にズレている。そもそも企業が社員に一律にTOEICを課すことが非合理的。部署単位でどのレベルの英語力が必要か否か、きめ細かく分けて対応すべきです。

――2020年度からは大学入試に英検やTOEICなど民間の試験が利用できるようになります。

まったくばかげてます。大学生に求められる英語能力は原書講読能力に尽きる。大学院生や研究者ならこれに加えて論文記述力です。

文部科学省官僚の根深い西洋コンプレックスが1980年代以降の英語教育“改悪”につながった。読み書きなんかいいから、子どもたちがカタコト英語くらいしゃべれるようにしようと、“使える英語”と称した上っ面のコミュニケーション重視へカリキュラムの舵を切った。

平易な口語表現を丸暗記せよ、難しい文法用語は使うなと。初級文法さえ習得せずに英語力が伸びるはずがない。私は翻訳を教えていますが、TOEICでスコア950を取っているのに文法をよく理解してない生徒などザラ。文法は、きちんと通じる正しい英語を組み立てるのに必要不可欠な知識。ちょっと乱暴な言い方をすれば、学校でやる英語に「話す」「聞く」はなくていいと僕は思っている。

英語教育は早いほどいいというのは幻想

――学生は読み書きだけでいい?


猪浦道夫(いのうら みちお)/1949年生まれ。横浜市立大学、東京外国語大学イタリア語学科卒業後、同大学院修士課程修了。その間にイタリア国費留学生としてローマ大学留学。大学院在学中にポリグロット外国語研究所設立。50カ国語の翻訳、20カ国語の語学研修に携わる(撮影:今井康一)

そう。一定以上の英作文力です。今や大学の英語の授業は会話、会話、会話……。作文力は30年前から低下の一途。文法教育が壊滅的になっているからです。基本を学んでないから上達しない。カリキュラムが非常に易しくなっていて、僕らが中3で習った英語を今は高2の終盤くらいでやってる。アルファベットの順番を覚えてないから紙の辞書を引けない学生など珍しくない。高1くらいまでの文法をきちんとやって、基本的な単語を書けるようにしてから会話を学べば、会話はすぐ上達します。

ちなみに、英語教育は早いほどいいというのは幻想です。小学校における英語教育はハッキリいって危険。小学生に英語は差し迫って必要ではないのに、大人たちがグローバル化の強迫観念で子どもに学ばせているだけ。英語を学ぶ以前に国語力に立脚した思考能力がなければ話にならない。小学校から中学校までは日本語をきちんとやってほしいんですよね。

――ことさらコミュニケーション力重視という教育に異論あり、と。

僕らの時代は、教科書で最初に習う文がThis is a pen. かI have a book. だった。ところが最近ではFor here or to go? みたいな変則的な文が突如出てくる。「店内でお召し上がりですか、それともお持ち帰りですか?」って、シャレた会話をできるようにしましょうという意図なのか何なのか。しかもその口語が全世界で通じるかどうかわからない。中学で教えるべき英語はオーソドックスな型。For here or to go? なんて言い方をわれわれが知っている必要もないし、ほかにもっと覚えるべきことがある。

「僕がおごるよ」はネイティブの口語でIt's on me. だけど、教科書で習った型を使ってI'll pay for you. と言えば、それがネイティブ流ではなくても100%意味は通じる。そういう英語を作るには中3までのオーソドックスな文型とよく使う単語を覚えていれば困らない。僕はイタリア語が専門ですが、留学当初は全然話せなかった。だけどイタリア語の型を身に付け単語も知っていたから、3週間後には会話に困らなくなった。いつまで経っても英語ができないのは、文法力・語彙力不足の2つが根本原因なんです。

発音より話の内容が重要

――実は英語学習は壮年期のほうが有利なんだとか。


なぜかというと、年を重ねるにつれ経験知や判断力が豊かになり、日本語の語彙も増える。20代のように音だけ聞いて覚えられるのと違い、年を取ると文字を見なければ覚えられない。実はそれが土台となる読み書きに向いてるわけです。英語は読み書きができればできるほど、会話を勉強したときにレベルが高くなる。読み書きレベルが低いと絶対ステップアップできない。会話力は読み書き力を超えることはありません。

壮年のほうがより長い人生を送っていてコミュニケーションのツボも心得ている。作家の村上春樹氏の英語なんて全然ジャパニーズ発音だけど、話の中身がしっかりしているから問題なく通じるわけ。発音が悪いなんて文句は出ない。ビジネスピープルも同じで、必要とされる英語力は実は会話力でなく読み書き力。発音より話の内容が重要なんです。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網